トイプードルの膝蓋骨脱臼

トイプードルの膝蓋骨脱臼は、後ろ足の膝蓋骨(ひざの関節のお皿)が、正常な位置から内外へはずれてしまう(脱臼してしまう)状態のことです。症状の進行にあわせて様々な症状が見られます。症状の進行は4段階に分けることができます。

グレード1:普段は正常の位置にあるが、手で押すと膝蓋骨が脱臼する状態で、痛みを訴える場合もありますが、無症状のことが多い状態です。

グレード2:ふとした拍子に膝蓋骨が脱臼し、足を伸ばしたりするまで外れている状態です。指で戻すと容易に戻ります。この頃は比較的症状の出る場合が多く、足をつけあげしたり、キャンとないたりすることもあります。グレード2前後が最も見える症状が出やすいとも考えられています。

グレード3:常に膝蓋骨が脱臼している状態です。指で一旦戻すことが出来ますが、すぐにまた外れてしまうという状態のことです。人間では考えられない状態ですが、常に外れるくらいまで進行していると、逆にワンちゃん自身が慣れていて、歩き方はおかしいが、痛みが出ずに普通に過ごしていることもあります。

グレード4:膝蓋骨が常に脱臼し、指でも元に戻すことのできない状態のことです。この状態までくると、ほとんどの場合は、骨の変形を激しく伴っていることが多い状態です。

動物病院 京都での治療法:脱臼をしている状態を、正常に戻すには、基本的には、外科的な手術をするという選択肢しかありません。ただし、緩和的に注射をしてあげたり、定期的な注射をすることで関節を保護し、症状の経過を遅らせたりすることもできます。手術を基本ラインとしますが、グレードによっては、色々な方法をお話することができます。詳しくは、獣医師にご相談下さい。

年中無休
診療日
日祝
午前
午後
診療時間
午前 9時~12時
午後 月~土 16時30~20時
日・祝 14時~17時
夜間救急 20時~24時
※月〜土の最終受付は19時30までとなります。
12:00〜16:30は手術・往診対応となっております。
採用情報 トリミングサロン ひまわり ペットホテル ゆらり 院長ブログ ドクターブログ 看護師ブログ スタッフブログ トリミングサロン用ブログ よくある質問 お問い合わせ スタッフ紹介 アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」 動物病院口コミ検索Calooペット