2013年2月の院長ブログ

動物と関係ない話ですが・・・

2013年2月24日

自分は、京都出身ではないのですが、父が四条出身のため、親戚の多くが京都に住んでいます。

中でも、親戚がやっている堺町錦(四条烏丸)にある「錦湯」は、90年近く続く銭湯で、自分の疲れを癒してくれる大切なお風呂です。

週に2回ほど、熱いお風呂に入りに行っています。近頃のお風呂には珍しく、初めて錦湯に入った方は、非常に熱いお風呂と感じると思いますが、ほんとに芯から温まり、疲れも取れます。他の銭湯ではぬるすぎて、芯から温まるのにはすごく時間がかかります。

最近では、京都テレビで深夜にやっているアニメのモデルにもなったことから様々な方々が遠くから訪れているようです。

 

先日、異物による腸閉塞および胃切開の手術がありました。

2013年2月16日

動物病院 京都 院長の園田です。

先日、異物からくる腸閉塞および胃内異物の除去手術がありました。

大型犬をお飼いの飼い主様は特にお気をつけ下さい。レントゲン検査、バリウム検査で怪しい場合は、最新鋭の超音波検査を行い、レントゲンでは写りにくい異物に対して100%の診断を目指しております。

猫さんの場合は、特にひものようなものが腸に詰まることが多く、ミシンなどで使う糸や、遊びにつかう紐などはよく注意をして見ていただければと思います。

症状は、急性の嘔吐、食欲不振、元気の消失などです。

 

今回は、タオルでしたが、超音波検査にて、異物を強く疑う所見が認められたことから、その当日に手術を行い、無事に元気になって退院できました。

超音波検査は精度の高い検査ですし、診断100%を目指していますが、レントゲンなどに写らない、タオルや衣類などの異物は非常に診断が難しく、食べたかもしれないだけで開腹をしなければならないか、と悩むことがあります。

獣医師としては、極力お腹を開けずに治してあげたい、しかし異物からくる腸閉塞では急を要するということで、非常に難しい判断を迫られるものではあります。今回は精度の高い超音波検査をすることで、開腹をしなければならないという最終的に正しい診断をすることができてよかったです。これからもこういった検査を駆使し、ワンちゃんネコちゃんその他の動物さんを、負担なく治療していければと思っております。

おいちゃんアスパラ大好き写真

2013年2月3日

当院に住んでいる、ノルウェージャンフォレストキャットのおいちゃんです。

アスパラが大好きで本当は、生で食べさせないほうがいいのですが、生アスパラが好きなので時々あげています。

アスパラを前にすると、ライオンのような顔になり、真剣にアスパラを貪り食べます。

可愛らしい。

くんくん・・・

匂いを嗅いで・・・

 

ガブっ!!

 

う、うまい~!!

動物病院 京都が開業致しました

2013年2月1日

動物病院 京都 院長の園田です。1月15日に北野白梅町にて開業させて頂き、2週間が経ちました。僭越ながら、自分が考えていた以上の飼い主様にご来院頂き、ありがとうございます。北野白梅町周辺の方含め、北区、上京区、中京区、左京区、右京区などからご来院頂いております。

今日は、当院の特徴でもある、皆様との繋がりを意識した当院の外観の取り付け時の写真をアップしたいと思います。開業直前の、1月8日午後6時くらいから設置が始まり、約12時間をかけ、設置が完成したというかなり大掛かりな工事になりました。

これからも外観のイメージの地域の皆様との「繋がり」を大事にできる病院を目指してまいりたいと思います。