2017年9月の院長ブログ

最近の当院でのペット、動物の夜間・救急診療 2017年9月

2017年9月17日

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

今年は台風が多かったのか少なかったのかわからないですが、今日はまさに台風の直撃を受け、日本列島もなにかすこし浮足立っているような雰囲気です。動物だけでなく人間もすべったりして事故を起こしやすいので気をつけて行動していきたいですね。

さて、院長ブログも昔から書いていますが、今度何本書いたか数えてみようと思っています。以前から週1くらいで更新したいと思ってたのですが、動物病院 京都 夜間診療を始めると、ずっと診察がくるわけではないので、執筆の時間が増え更新できるようになり少しうれしいです。

当院は、5年前に京都市上京区・北区・右京区境のこの地で開業したのですが、そのときからも実は夜間診療を自分一人でやっていました。毎日の診療朝から晩までして深夜にもかかってきた電話をとっていたものですから、1年経つ頃には、今思うとおそらくノイローゼ、いまでゆう、うつ状態でしたね。電話がかかってきていないのに電話がなっている気がして起きたり、スタッフがいるときはいま電話なったよねと確認して「いえ、鳴ってないですよ」と普通に否定されたりと。また、自覚症状はなかったのですが、大学時代からの開業している親友に、「顔おかしいで」と言われたり・・・汗。京都市内にお住まいの皆様にとって、京都駅より北側の身近な場所に夜間診療をやろうと思って1人で頑張った結果、1年そこそこで、カルテの有る方のみ診れる限りで診るスタイルに変わりました。それでも数日に1回のペースで、実は夜間あるいは深夜早朝診察が入っていたのですが、中途半端にこれを続けるのもと思い、当初からの予定である夜間診療を、獣医師が7人揃ったということもあり、開始するに至りました。

開業してからやっていた1人夜間診療のときには、看護師がいなかったので大変なところもあったのですが、8月から実施している動物病院 京都 ペット 動物の夜間救急では、獣医師1名動物看護師1名が必ず常勤するので、獣医師としてもパートナーがいて心強いですね。

それでも深夜の時間帯は獣医師1名なので、状況によっては大変なこともあります。先日深夜の診察をして、たまたま完全徹夜になった際には、次の日東京出張も入っていて朝6時台に新幹線にのって移動したので、東京ですこし喫茶店で休んだ際にいつのまにか1時間ほど寝る?というか気絶してしまったのがいい思い出です。以前はそうゆうことがなかったので、自分も今年で38歳となり、少し歳を取ったのかなと実感しました。でもオール徹夜からの東京移動だったのでしょうないかと自分で自分を慰めたりしていました。

いま当院、動物病院 京都では夜間診療・夜間救急を実施しているためほぼ常時誰かがいる状態になっています。特に自分は、月曜、水曜、木曜、土曜日に夜勤に入っているので午前中も含めれば、火曜日、金曜日、日曜日が夜勤明けなので、数えると月曜日から日曜日まで出張などが入らない限り毎日、病院にいます汗

入院しているこやホテルの子は、いままで深夜の時間帯はカメラなどで確認していたのですが、いまは自分の目で様子をみることができるので、より充実した獣医療ができていると実感しています。また、飼い主様にも安心感を持っていただけるではと思っております。もちろん、自分みたいに完全徹夜を毎日するわけではないので仮眠の際には、診ることはできないのですが。

月曜日から日曜日まで毎日、自分の動物病院にいる生活をしていると無くなってくるのが曜日感覚です。もう毎日が何曜日かわけがわからないです。
夜勤明けて午前中仕事して正午過ぎに動物病院 京都を出たときなどはまず考えるのが「今日天気いいなあ。そういえば何曜日だっけ?」という感じです。
ゆうても正午から夜までは自由時間なので比較的その時間は自由に過ごさせてもらっています。

健康に気をつけなければならないと思い、最近は自分の尊敬する千葉で開業している獣医先輩院長にならって、サプリメントの服用を始めました。
ひとまず山田養蜂場のプロポリス、物忘れひどいのでフィッシュオイル、肥満防止のためグラボノイドから始めています。なにかいいサプリあったら教えて下さい笑
次に狙っているのは、実は中学高校の同級生が代表取締役社長をやっている、ユーグレナ、ミドリムシの会社のサプリメントですね。その同級生は、出雲というのですが、自分が通っていた関西ではあまり知られていない東京の駒場東邦という中学高校時代から目立っていましたね。
まれに関西でも自分の出身校である、駒場東邦高等学校や、一時期在籍していた慶應義塾大学の出身の方と飼い主さんとして、お会いすることがあるのですが、そのときは少し親近感を勝手に覚えています笑
自分は、ルーツが関西で、父親が中京区の錦出身で、名前は忘れましたがその周囲の小学校そして昔は荒れていたと父からは聞いている今では名門?の堀川高校出身、大学は京都大学に苦労して入ったと聞いています、母親は大阪の堺出身のため、いとこ。おじさんおばさんなど含めほぼすべての親族が京都含めた関西にいます。自分は関西⇒関東⇒関西と戻ってきたタイプなのですが、関西の方が性に合っています。正直関東での12年間はよくこんな忙しい町に住んでいたなといま客観的に思います。特に京都は自分でゆうのもなんですがいい街です。関東の人はもっとこっちに移住したらよりハッピーになれるのにと思っているんですがね。

今日は夜勤中の更新ということもあり、色々なトピックてんでバラバラですが、つらつらといままでのこと書いてみました。

動物病院 京都
院長 園田 祐三

声帯切除のお話 2017年9月

2017年9月12日

こんにちは。動物病院 京都 院長の園田 祐三です。
当院では、わんちゃん、ねこちゃんを中心に京都市内にお住まいの皆さまが飼われているペットの夜間救急・夜間診療を、2017年8月から実施していますが、日中とは異なりかなりの救急症例も来院されます。状況によっては心臓止まっていて、呼吸も止まっているような子も来院されたりします。20-24時までですが、24時以降も現在は50%以上の確率で診察させて頂いております。

当院では、色々な外科手術を実施していますが、今回は声帯切除術についてお話したいと思います。
声帯切除手術というと、鳴き声をでなくするようなイメージがあるかもしれませんが、実際には小音手術のようなイメージです。決して鳴き声が完全に無くなったりするような感じではありません。
鳴き声がしんどそうで可哀想といったことも巷では聞かれますが、様々な条件を確認してからであれば、決して悪い手術ではないと自分個人としては思っています。
というのも、当院では様々な手術も実施する一方、行動治療にも力を入れており、そういった行動治療を実施、あるいは行動治療に基づいた薬物療法に反応しにくい場合は、飼い主様もややノイローゼ気味になっていたりなど、本来動物とペットが過ごすべき幸せな時間も、そうでなくなってしっている事例も経験しています。

すべての飼い主様に、完全なしつけと行動学的基づいた正しい知識を啓蒙することを常に心がけていますが、人間生活にも様々なことがあり、またペットにも様々な個性がある以上、単純に可哀想というだけでその状況を片付けてもいいものかと、考えてしまいます。

様々なことをして、飼い主様も他の人が想像もつかないほど思い悩んで、それでも動物を愛していて、どうにもできないという場合には、やはり様々な選択肢があって然るべきかとも思います。

当院での声帯切除は、しっかりと痛みをコントロールできるように麻酔をかけながら、喉からのアプローチによる声帯切除を実施しています。
初診の方も多いですが、まずは行動治療のお話をさして頂いております。
やるべきことをやる。そして選択肢をしっかりと考える。

最近の実施例においては、ネコちゃんでしたが、その後の飼い主様のお話ではより動物を愛し、よりより関係を築けているということでした。
今回あえてブログに取り上げたのは、一面的な情報ですべてを判断しないほうがいいということをお伝えしたかったというところです。

夜間診療で病院に泊まっている中で、ブログを最近良く書いている、院長 園田 からでした。

動物病院 京都
院長 園田 祐三

皮膚科 院内セミナー 2017年9月

2017年9月5日

こんにちは。
動物病院 京都 院長 園田祐三です。最近は夜間救急が始まった影響もあり、同時に院長である、動物病院 京都 ねこの病院の診察に足をなかなか運べていず申し訳ありません。現在、私園田は、本院にて月曜日、土曜日終日予約診療受付、月曜日・水曜日・木曜日・土曜日の夜間救急診療に従事しています。他獣医師は、先着受付および予約準優先制にて診療を実施しています。

当院は、京都市内ふくめた近隣の府県のわんちゃん、ねこちゃんに整形外科、内科、循環器科など様々な科目の診療を全科診療にて実施していますが、皮膚科もかなり重要な科として、日頃から常に最新かつ最良の治療を取り入れる努力を実施しています。

その中でも、ご存じの方も多いと思いますが、私院長園田祐三は獣医皮膚科学会に所属し、英字論文の精読、皮膚病理のカンファレンス、論文発表などを常日頃から実施しています。

毎月、皮膚科会長の永田雅彦先生のいらっしゃる皮膚科専門病院に出向かせて頂き、日々研鑽しています。

皮膚科以外にも、院内セミナーとして、皆様にはご迷惑をおかけしながら、平日もしくは土曜日などの午後の診察、夜間救急の診察をその日だけ休診させて頂き、当院の獣医師全員が、常に最新の治療を提供できるように、様々な科の専門医の先生をお招きし、日々勉強をしています。

今回は、皮膚科の会長 永田雅彦 先生に、動物病院 京都 本院に来て頂き、皮膚科の最新の知見を含めた、大変貴重なご講演をしていただきました。

上の写真は、まだ開演前なので、みんな緊張の面持ちで、しかしながら心では、どんな皮膚科の新しい情報が得られるのだろうかとわくわくしながら待っています。

今回、特に重点的にお話頂いた内容は、当院がねこの病院もあるので
①ねこの皮膚病について

②犬アトピー性皮膚炎 最新の治療

③高濃度炭酸泉について (当院設置機器 厚生労働省認可炭酸浴 薬浴)

④皮膚科とは

などです。

特に、京都において初のねこ専門病院のある当院にも、様々な種類の皮膚病の方が来院されます。ねこに多いのは、外傷性脱毛、好酸球性肉芽腫症候群、粟粒性皮膚炎、頭頸部掻破痕です。
様々な原因が有る中で、ねこは野生にも近いので、人間社会に入るというストレスでなることもあったりします。ここでねこの皮膚病について語ると長くなるので、別の機会にしようと思います。

 

今回ご講演頂いた、永田雅彦先生もよくおっしゃられるのですが、皮膚科医は皮膚だけを見ずに、骨、軟骨、神経、循環など含めて全体を診察しなければならないとおっしゃいます。

私、院長 園田の皮膚科への取り組みは常に一貫しており、
皮膚科は皮膚を診療する科目なのですが、皮膚というのは全身をあらわす鏡であり、身体のありとあらゆることを観察し、かつ最新の検査機器などを使用して、全身をくまなくチェックすることで、真の皮膚科診療ができる
と考えながら、実施しています。

「とりあえず」薬出しときますね!(薬=ステロイドや抗生剤、抗真菌剤)という治療は自分自身は好きではありません。当然すぐに治りそうな皮膚病であれば、お薬だけ出して終わりということはありますが、当院に来られる皮膚科の動物さんは、慢性的なことも多いので、そういった場合には、原因がものすごく大事だと思っています。しっかりとなぜこうゆうことが起きているのかという原因を身体検査を筆頭とし、皮膚科一般検査、血液検査、レントゲン検査、皮膚病理検査、皮膚糸状菌検査、アレルギー検査(IgE検査など)を用いて、原因究明していき、その確かな原因に基づき、治療をすることが大事だと考えています。

軽い症状の場合には、検査・治療も軽く、慢性的な場合には腰をすえて実施するイメージで診察しています。

急性の皮膚病診療から、がんこで治りにくい慢性的な皮膚病診療まで動物病院 京都 本院および ねこの病院では実施してます。
現在は、本院で、月曜日と土曜日に私 院長 園田 の皮膚科専門診療を予約にて承っております。

わんちゃん、ねこちゃんの皮膚でお困りの際には、当院スタッフまでお問い合わせ下さい。

最後に、今回ご講演頂いた永田雅彦先生に、多大なる感謝を述べたいと思います。ありがとうございました。

動物病院 京都
院長 園田 祐三