2017年9月のトリミングサロンブログ

薬浴について 2017年9月

2017年9月5日

こんにちは。
京都市北区にある動物病院京都 併設トリミングサロンひまわり
トリマー兼看護師の三上 瑠子です。

当サロンは、北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面しています。
目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

最近は湿気も多く暑い日が続いていますね。
そのせいで、この時期は特に耳や皮膚が悪くなる時期でもあります。
悪い状態のまま放っておくと、

耳・皮膚が悪い → 痒い → 掻く・舐める → 状態が悪化 → 痒い

っという負のサイクルができてしまいます。

では、そうなった場合はどうしたらいいか?
もちろん ”お薬を使う” ということも選択肢です。
ですが、痒みの原因になっているものを
”物理的に洗い流す” ということもとっても大事になります。

皮膚病にとって、シャンプーなどを使用した薬浴は日常的なケアの中でも、重要な役割をになっている上、ステロイドや抗生剤といった薬剤ではないので、身体にやさしくお困りの皮膚病を治すことができる可能性の高い治療法です。

特に、当院のトリミングおよび薬浴では、関西では初のカーボンセラオンパーという、他のトリミングなどでは絶対に設置されていない効果の高い、人間にも使用され、厚生労働省にも認可されている超音波発生かつ対流装置付きの高濃度炭酸泉があり、それを使用すると、いままで毛が生えてこなかった子たちが生えたり、皮膚病がよくならなかったのが治ったりとかなり効果的な機械を設置しています。

日常的に使用していますが、まだご体験されていない方は、当院獣医師、看護師、トリマーにお問い合わせください

動物病院 京都
トリマー・動物看護師
三上 瑠子