ドクターブログ

パピークラス通信 vol.16 ☆第9期生 最終回を開催しました☆ ~2018年6月 更新~

2018年6月13日

こんにちは

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。
昨年8月からは20:00~24:00で夜間救急診療も行っております。
夜間救急診療をご希望の場合はご来院前に必ずご連絡をお願い致します。
また夜間救急の診療対象動物さんは犬・猫のみとなっております。

また、本院から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院があります。
ねこ専門病院ですので、怖がりなねこさんも安心して診察の受けられる環境です。
ねこの病院HP(http://neko-kyoto.jp)

いよいよ、近畿地方も梅雨入りが報告されそうです。

ジメジメした嫌な季節がやってきました。

垂れ耳さんのわんちゃんたちが外耳炎で来院される方が多くなる印象です。

耳の匂いがきつくなる様子、痒がる様子がないか見てあげてください。




さて、大変遅くなってしまったのですが

2018年4月14日に9期生の最終回を実施しました。

様子を報告します。

最終回の内容は、わんちゃんを飼っているとやってみたくなる

一芸あれこれです。

生活に必須!というわけではないですが、少しの楽しみは必要ですよね♫




この日の参加者は

・はるちゃん(トイプードル、女の子)

・あんこちゃん(トイプードル、女の子)

・エルメちゃん(ヨーキー、女の子)

と女子会でした☆



☆おすわり☆

あんこちゃん



はるちゃん

 


エルメちゃん


 この後、おすわりを披露してくれました!

その他、ふせやお手など生活が楽しくなる一芸にみんなで挑戦してみましたよ!





そして、そして最後は恒例のアレ!

「みんなで遊ぼう!!!」




他のご家族の匂いを飼いでみたり、一緒になっておすわりしてみたり・・・

3枚目はまさしく女子会という感じ

何をお話しているのでしょうか?





9期生の子たちはゆっくりゆっくり時間をかけて

お互いを認識し、最終的には同じ空間にいることができるようになりました!

みんながんばったね☆

最後にご家族と一緒にパシャリ!!


※わんちゃんみんなが正面を向いているお写真あったのですが、

 谷田のカメラの腕が悪くぶれておりました。ご了承ください






さて、全5回で実施したパピークラスも最後となりましたが、

ご生活の中で出てくるお悩みなどは病院にご相談いただけると幸いです。

また、今回縁あって出会ったわんちゃん達、もし病院で出会う機会があれば待合お話してみてくださいね!

 

動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信 vol.15 ☆第12期生 新入生募集中☆

2018年6月6日

こんにちは

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

当院は北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。
2017年8月からは20:00~24:00で夜間救急診療も行っております。
夜間救急診療をご希望の場合はご来院前に必ずご連絡をお願い致します。
また夜間救急の診療対象動物さんは犬・猫のみとなっております。

また、本院から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院があります。
ねこ専門病院ですので、怖がりなねこさんも安心して診察の受けられる環境です。
ねこの病院HP(http://neko-kyoto.jp)




告知が遅くなってしまい、申し訳ありません。

パピークラス 第12期生の新入生募集のご案内をさせていただきます。

内容は、クラスの雰囲気などで多少変更がありますが

日程は以下になっています。

ご確認の上、是非ご参加ください!!









2018.06.06現在、残り2組程を募集しています。

お問い合わせは当院受付またはお電話(075-465-3330)にて承っております。

元気な子犬さんにお会いできることを楽しみにしています!!



動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信14 ☆10期生 2回目を開催しました☆ ~2018年6月更新~

2018年6月5日

こんにちは

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

当院は北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。
2017年8月からは20:00~24:00で夜間救急診療も行っております。
夜間救急診療をご希望の場合はご来院前に必ずご連絡をお願い致します。
また夜間救急の診療対象動物さんは犬・猫のみとなっております。

また、本院から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院があります。
ねこの病院は上京区にあり近くには北野天満宮といった観光名所もあります。
ねこ専門病院ですので、怖がりなねこさんも安心して診察の受けられる環境です。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

4月に記事は書いていたのですが、なかなか更新できていませんでした。申し訳ありません。

更新時期が遅くなったため、多少の季節のずれがございますが、ご了承ください。

—————————————————————————————-

4月になり、ずいぶん過ごしやすい日が増えてまいりました。

それでも朝と夜の寒暖差が激しいので体調を崩されて来院される方も多く見受けられます。

皆様お飼いの動物さんたちは体調を崩されていませんでしょうか。




2018年3月24日(土)

10期生の2回目を開催しました。

この日のテーマは…

「いろんなものに慣れよう」

「わんちゃん同士で遊ぼう」

の2本立てです!

参加者は

リヒトちゃん(ラブラドール、女の子)

だいずくん(ダックス、男の子)

です。




実はこの回は、子犬さんの時期に苦手なものをなるべく減らすこと

を目標としているのですが、

リヒトちゃんも、だいずくんも

「苦手なものはないけれど、何にでも興味があって制御が大変」

とのこと。

元気いっぱいでなにかに夢中になるタイプの子は

興奮のコントロールをこちらでしてあげると良いですよ!

「落ち着いた時に良いことがある!」とおぼえてもらうことが第一歩です。

※写真うまく取れていませんでしたので未掲載




子犬さん同士で遊ぼう

ブログを呼んでくださっている方

「体格差がすごくあるけど大丈夫?」と思われましたか?

鋭いです

たしかに、大型犬と小型犬(この時点で2匹の体重差は約11kg)でした。

しかし、いきなり2匹を放すのではなく

リヒトちゃんに待ってもらった状態でだいずくんに好きに匂いを嗅いでもらったりすると…

くんくん…


最終的にはこの様な感じに☆




ラブラドールさんは陽気ですが、同時に周りのことをよく見ることも出来ます。

リヒトちゃんも最初はテンションが上がっていましたが 優しく接する方がだいずちゃんがびっくりしないことに気づいたようです。

ダックスさんも陽気な子が多い印象ですが、やはり大型犬は驚いたようですね。

ただし、だいずくんは元々好奇心旺盛なこともあり自分からすすんで仲良くなってくれました。




今回のテーマ「いろんなものに慣れよう」

の一番の収穫は、大型犬さんと小型犬さんでも仲良くなれた!

ということでしょうか!!

1ヶ月後も2頭の成長した姿を見ることを楽しみにしています♪

 

動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

狂犬病という病気について 2018年4月更新

2018年4月1日

こんばんわ。動物病院 京都   獣医師 小川 修平です。
自分は動物病院 京都の近くの京都市上京区に住んでいるのですが、桜が一気に満開となり、ちらほら桜吹雪が舞うまでになって、徐々に春の訪れを感じる日も多くなり、今年もプロ野球が開幕するなぁ…なんてことをふと考えながら過ごしています(余談ですが私は15年来熱狂的な中日ドラゴンズファンです。関西在住の阪神タイガースファンの皆様スミマセン笑)

同時に春と言えば狂犬病予防接種が始まる次期だなぁ…なんてことが頭をよぎります。
そこで、本日は狂犬病という病気とはどんなものなのかについて簡単にご説明できればと思います。

まず、狂犬病とはどういう病気なのでしょうか?
狂犬病は、狂犬病にかかった犬や猫やコウモリに噛まれることでウイルス感染し、発症する病気で全種類の哺乳類(犬さんだけでなく猫さんや人にも)に感染し、発症した場合致死率は100%(治療法なし)という恐ろしい病気です

現在、日本では狂犬病の発生は見つかっておらず、狂犬病清浄国と呼ばれているのですが、狂犬病清浄国は日本を含め6地域(アイスランド、オーストラリア、ニュージーランド、ハワイ、グアム、フィジー)しかありません。
日本の近隣諸国では毎年のように狂犬病の発生が認められており、セアカゴケグモやヒアリといった近年日本を騒がせた昆虫類などと同様に、ウィルスという種類は昆虫と違えど、近未来として、いつかは日本に狂犬病が入ってくることがかなりの高確率で起きることが予想されます。

そんな治療法のない狂犬病ですが、唯一防御できる方法があります。
それは予防接種により感染に対する防御を行うことです。
日本に発生がないから予防接種をしなくていいのではなく、発生を防ぐためにこそ狂犬病の接種が必要不可欠になります(狂犬病予防接種は混合ワクチン接種などと異なり、国の法律で接種が義務付けられています)。

つらつらと書きましたが、ポイントをまとめると
・狂犬病は発症すると、致死率100%の怖い病気で人にも感染する
・日本での発生を防ぐために予防接種は必要不可欠
・国で接種が義務付けられている
です。

狂犬病予防接種に来られる際には、身体検査を実施しながら接種します。
その他、病気の相談、しつけやフードの相談など、気になることがあればお気軽にどうぞお伝え下さい。

 

動物病院 京都
獣医師  小川 修平

目の病気と思いきや 2018年3月

2018年3月21日

こんにちは。

動物病院京都 獣医師の坂口邦彦です。
暖かくなってきたな、と思えば寒の戻りで急にまた冷え込んだりと気温が落ち着きませんね。こういった季節の変わり目は体調を崩しやすい時期ですので、人も動物も注意してくださいね。

私、獣医師 坂口邦彦は、日本の獣医の眼科学会である、比較眼科学会に所属し、下痢嘔吐、予防接種など様々な一般診療はもちろん、眼科にも力を入れながら診察をしています。
眼科学会にも所属していながら、日々眼科の動物さんたちを診ているなかで、本日は目の問題を主訴に診察に来たけど実は、、、だった、という症例を紹介します。

目の問題というと、目が赤い・目が痛そう・目が白くなってきた、などの相談が比較的よくあります。こういった問題に遭遇したことがある飼い主様も多いのではないでしょうか。
本症例は瞳孔が開きっぱなしで閉じない、という相談で来られた10歳の猫さんです。お近くのところで、血液検査など色々調べたが、特に異常はみつからなかったとのことでした。

 

猫を飼っている方は、猫の瞳孔がまんまるに開いたり、細長く閉じるのをよく見かけると思います。瞳孔というのは目に入る光量を絞るためのもので、環境が暗くなると開き気味になります。おもちゃで遊んであげると、獲物を追うのに必死で興奮して開きっぱなしになったりもしますね。
正常な瞳孔の動きでは、光を目に浴びせると、開いていたとしても反射で瞳孔が小さくなります(対光反射)。光を当てても瞳孔が小さくならない場合は基本的に何かしらの異常が起こっています。光を制限しようとする動きがでてこないということなので、光をそもそも感じなくなっているか、瞳孔が動かなくなるような問題が起きているということになります。

 

今回の症例の子は、光を当てても瞳孔は閉じない(対光反射消失)のですが、目の前で手をちらつかせるとまばたきをしました(威嚇反射あり)。つまり、瞳孔は動かないけど、見えているという状態です。こういった場合に考えられることは、網膜は機能しているが、瞳孔を動かせない問題が起きているということになります。瞳孔周囲の筋肉が動かないか、瞳孔を動かす神経(動眼神経、脳)がおかしいかに絞られてきます。


身体検査だけでもある程度どこに問題がありそうかを絞ることができ、後日にMRI検査に行ってもらい頭に異常がないかを調べました。すると、脳の下垂体から動眼神経の走行に一致するように腫瘍と思われる病変がみつかりました。

瞳孔が開きっぱなしという主訴で目の問題かと思いきや、実は脳に腫瘍ができていたという症例でした。

 

瞳孔が開きっぱなし、目が緑に見える(瞳孔が開いたままだと眼底が見えて緑っぽく見えることがあります)といった症状は、網膜の萎縮、緑内障や高血圧からの二次的な網膜障害によっても起こります。光を感じなくなったせいで、瞳孔が反応しないという状態です。ミニチュアダックスフンドで遺伝的におこる進行性網膜萎縮でもこのような症状がでますね。

 

目が普段と違うなと思うような変化があった場合、目だけでなく、他のどこかに異常があって、それを反映しているということが多々あります。あれっ?なにかいつもと違うような、、、と言ったことに気が付かれた場合、急速に症状が進行してくることもありますので、早めに病院連れてきてあげて下さいね。

なかなか治らない外耳炎について 2018年3月

2018年3月20日

こんにちは。
動物病院 京都 獣医師 尾関 康江です。
当院は、京都市北区、右京区、上京区の区境の西大路通り沿いにあります。
日中随分と気温が上がり温かくなりましたが、花粉や紫外線が気になる時期となり私の苦手な夏が待っています。

昨年夏に耳のトラブルと耳の内視鏡(オトスコープ)について紹介致しました。
今回はその内視鏡を用いて、耳の状態が良くなった子がいますので、その子の経過も含めてお話したいと思います。
わんちゃんの耳ですが、鼓膜までの通り道(外耳道)がヒトと違って垂直と水平耳道に分かれ、L字に曲がっています。そのため、シャンプーや水遊びなどで水が奥に入ってしまうとなかなか外に出てこないことがあります。
また、鼓膜を超えた奥は内耳道となります。

外耳炎はわんちゃん、ねこちゃんの耳のトラブルで多いものです。
その中でも点耳薬で中々良くならない、一旦は良くなるものの数ヶ月するとまた再燃するといった子は中耳、内耳の領域(鼓膜より奥)に何かしらトラブルをかかえていることがあります。耳の内視鏡(オトスコープ)により、外耳、中耳、鼓膜の状態を確認することができます。

今回紹介する子は11歳2ヶ月の柴犬(女の子)で元々皮膚のトラブルがあります。数ヶ月前から、外耳炎を再発していました。お耳を触られることが嫌いで、自宅での点耳も難しい状態でした。下の写真は初めてオトスコープで見た耳の中の状態です。

耳道が狭くなっており奥が全く見えず鼓膜は破れた状態でした。また、ひどい痛みがあったためか、しっかりと麻酔をかけないと中が見られない状態でした。
ここから、2週間ごとにオトスコープにて耳の洗浄とステロイド剤の注入にて治療を続けたところ、下の写真のように耳道は正常に近いくらいに元通りとなり、耳垢もかさかさしたタイプの耳垢に改善してきました。また、痛みが和らいだのか鎮静という弱い麻酔薬を使用した状態で処置をすることが出来るようになりました。

治療開始1ヶ月後



その後、徐々に間隔を伸ばしましたが、6週目には状態がまた悪くなってしまったため、今は1ヶ月毎に加療をしていますが、治療の間は自宅での洗浄や点耳は全くせず安定した状態が保てています。


見た目耳垢が多く汚れているようにも見えます。確かに耳垢は多いですが、数回耳道洗浄をするだけで、すぐに回収でき、また元通りの耳の状態に戻ります。

イルミネーター(診察室内などで使用する耳鏡)だけで耳の状態を確認するのは限界があることが多いです。もし、外用薬での耳のトラブルが治らない、治ったかと思うと再燃しているというわんちゃん、ねこちゃんがおられましたら一度耳の内視鏡で奥の状態を見てあげて下さい。
この処置および治療には、わんちゃんやねこちゃんに負担をかけずに、痛い思いなどをさせないように、しっかりと耳の奥をきれいに確認するためには、鎮静または全身麻酔などが必要になる場合があります。何かあればご相談下さい。

動物病院 京都
尾関 康江

 

パピークラス通信⑬ ~9期生 第4回を開催しました☆~  2018.03更新

2018年3月13日

こんにちは

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

ようやく春めいた陽気になってきましたが、まだまだ朝晩は冷えますね。

最近気になっていることというと、新燃岳の噴火でしょうか…

すごくローカルな話題なのかもしれませんが、6年間宮崎で生活していたので心配です。

実は私が学生のときにも一度噴火しています。(2010年4月の口蹄疫発生に始まり、翌年の鳥インフルエンザ発生、新燃岳噴火と災害にみまわれた1年でした。)

早く終息することを望んでいます。




さて、今回は3/10に開催した

9期生の第4回目のクラスの様子についてお伝えします。

参加してくれたのは

・はるちゃん(トイプードル、女の子)

・エルメちゃん(ヨーキー、女の子)

テーマは

「クレートトレーニングについて」

「ふせをやってみよう」

の2本立てです。

……が、すごく嬉しいニュースがあったのです!

なんと!今までの3回ずっとオーナー様に抱っこされて震えていたエルメちゃんが!!

自らはるちゃんの匂いをかぎに行ったり、待合室の床をトコトコ歩いたり!!

こんなに生き生きしているエルメちゃんは初めてみました!!

「なにかしましたか?」とオーナー様に訪ねた所、

「職場に一緒に行って色んな人に触ってもらいました!」

とのこと、その成果だと思います!!




①クレートトレーニングについて

クレートを持っているかどうかからお話させてもらいました。

1つは持っておいてもらえると安心です。

車での移動の際はもちろん、災害時にも必須のアイテムとなります。

また、日頃から慣れ親しんでおくことで

有事の際でも、わんちゃんが安心できる空間となってくれます。



エルメちゃん

「わたしの別荘よー」

と言った感じですね。

 

②ふせ

予定していたのですが、エルメちゃんのやる気を尊重!

予定変更で③へ!!

③わんちゃん同士で遊ぼう

この日は互いにくんくん匂いをかぎ合って

遊ぼうよーと誘ってみたり

はるちゃんもお姉さんの気持ちで優しく遊んでくれていました!

2頭ともすっかり顔なじみになってくれたようです。

よかったよかった!

 



エルメちゃん

「くんくん。あなたはるちゃんね。

また会ったね!」

 

 

 

 



※逆光でわかりにくいのですが、

はるちゃんがエルメちゃんのおもちゃを拝借中

はるちゃん

「エルメちゃん、素敵なおもちゃもっているね。

すこし遊ばせてもらおうっと!」

 

 

※今回は2頭の成長が見れた回だったのですが、上手く写真におさめれていません。




さて、次回は9期生最終回です!!

今までやったことの復習を交えつつ、一芸やってみようの回です。

日時:2018年4月14日(土)14:00~15:00

です。

4月からはわんちゃんのフィラリア予防シーズン突入です。

皆さんしっかりと予防しましょうね♪



動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信⑫  ☆第10期生 1回目を開催しました☆  ~2018.03更新~

2018年3月6日

こんにちは

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

ようやく暖かくなってきましたが、花粉症がつらい…

という方も多いのではないでしょうか?

毎年「今年は花粉が大量飛散します」と言っていますが、うんざりですね。

とはいうものの、幸い私はまだ発症していませんが…

この時期は暖かい日と寒い日が繰り返されることもあり、動物さんも体調不良になりやすいです。

皆さまお飼いの動物さんたちはお元気にされていますか?




さて、2月は新入生を迎えたクラスも開催しました!

・タフィーちゃん(ビションフリーゼ、女の子、5ヶ月)

・リヒトちゃん(L.レトリーバー、女の子、3ヶ月)

が参加してくれました。

もう1頭参加予定でしたが、今回がご都合合わず。次回会いましょう!

 

さてさて、年齢は違う2頭でしたが、

やはり大型犬さんの子犬さんなのでリヒトちゃんは大きいですね~

もう10kg超えてきています(汗)

タフィーちゃんも大きいわんちゃんを見たのが初めてで興味津々…

けれど、決して怖がることなく遠くからクンクン匂いを嗅いでいました




今回のテーマはおなじみのアレです。

このブログをご覧の方はすぐに答えが出るでしょう♪

1. ボディタッチとボディコントロール

2. アイコンタクト、おすわり、(待て)

2頭ともお家とは違う環境なので緊張で出来ないかな~?

なんて思っていましたが、上手にできていました☆




1. ボディタッチとボディコントロール


タフィーちゃん

私、お姉ちゃんのお膝の上大好き♡

とすぐに力が抜けていき…

初めてきた病院でスヤスヤzzz…

なかなか、大物の予感です


リヒトちゃん

私もできるわ!

とお母さんの膝に乗った途端に

後ろ足をダラーンと…

来月にはもっと大きくなるリヒトちゃん

お母さんも今が大事と必死です!!

この体勢で、お口やお耳、足先などを触っていきます。

お口周りは苦手な子が多いので集中的に触ってみましょう!

もしも、甘噛みが出るようであれば、低い声で注意して治まるかを見てみましょう。





2. アイコンタクト、お座り、(待て)

  リヒトちゃん

   お母さんの手の動きで「おすわり」ができました!

   あとは目線を合わせることを頑張ってみましょう♪

  タフィーちゃん

   「おすわりが中々できなくて」

   とご家族の方

   鼻先にササミを持っていくとクンクン

   ササミを鼻先にくっつけたまま上に向けると

   おすわりできました!

※今回、良いお写真が撮れていませんでした…

 申し訳ありません。





さて、来月は2回目

「いろんなものに触れてみよう」

「わんちゃん同士で遊んでみよう」

の2本立てです。

日時:2018年3月24日(土)

   14:00~15:00

持ち物:フードやおやつ

    リード

現在、あと1組ほど参加していただけます。

ご興味のある方は是ご連絡下さい。





動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信⑪ ☆9期生 第3回を開催しました☆ 2018.02更新

2018年2月21日

こんにちは。

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

巷ではインフルエンザが大流行とのこと。

皆様、体調崩されていませんか?

ちなみに、人のインフルエンザがわんちゃんやねこちゃんにうつることはありませんのでご安心下さい。

 

さて、2/10(土)にパピークラスを開催しました。

この日は朝から天候に恵まれず・・・

ひょっとして谷田、雨女なんでは?とも思ったりしました。

(8期生の時、2~3回パッとしない天候でした・・・)




さて、この日の参加者は

はるちゃん

あんこちゃん

エルメちゃん

の3頭でした。

雨なんて吹きとばせ!の勢いで参りましょう!!

今回のテーマはこちら↓↓

「お散歩トレーニング」

「わんちゃん同士で遊ぼう」

の2本立てです☆




①お散歩トレーニング

・引っ張る

・拾い食いをする

・怖がって歩かない

などを中心に、みんなでお勉強

1引っ張り



あんこちゃん

「あっちに興味があるの~行きたいよー」

という感じ

 

 

引っ張る子の場合、多くはオーナーさんの方を見ていないことが多いのが現状

だって、周りの方が楽しいことがいっぱいですから…(汗)

・今回は、オーナーさんに注目を向けること

・引っ張られにくいリードの持ち方(小型犬向け)

などをお伝え



おすわり、待てをする

目を見る

→進める

というルールを作ります

少しでもリードが引っ張られたと感じたらすぐに立ち止まり同じことを繰り返します。

 

 

2.拾い食い

いきなりお外での実践は上級者むけ

まずはお家の中で練習です。


ティッシュをクシャクシャにして床に落とします

わんちゃんが拾いに来たら…

※はるちゃん一回で覚えてくれたので

「もうその手には引っかからないわ~」という感じです。

 



すかさず足でブロック

これで、わんちゃんが勝手にとっては逝けないものと伝えます

足で踏んだままおすわり、待てをしじっとできていれば合格

また取りに来たら、繰り返します

 

3.怖がりさん

エルメちゃんはまずリードが怖くて仕方がないとのことでした。

元々、ゆっくりと物事に慣れていくタイプに多いように感じます。

まずは抱っこしてあげた状態で リードを持ちながらよしよししてあげましょう。

リードを着けるのはその後で結構です。



見えづらいかもしれませんが、

リードをエルメちゃんにくっつけたままなでています。

 

 




②わんちゃん同士で遊ぼう♪

はるちゃん、あんこちゃんは毛色や体格がそっくり

仲良くなれるかも!?

と思っていましたが、2頭とも人の方に興味津々

かまってかまって~♪

これも個性です

一緒の空間にいて喧嘩しないというだけでもGood!

エルメちゃんはお姉ちゃんに抱っこしてもらって、ゆっくりと空間に慣れていきましょう



 

 

 

 



 

 

 

 

 






次回はまた一ヶ月後

3/10(土)14:00~15:00で開催します。

内容は

「クレートトレーニング」

「ふせ」

の練習です。

晴れますように☀




また、当院では10期生として

2018年2月17日~

第3土曜日(3月のみ第4土曜日)

14:00~15:00

で開催します。

残り2組!!

途中参加も大歓迎です!!

ぜひ、ご参加下さいね♪

詳しくはコチラ↓↓

パピークラス通信⑨  ☆新入生募集(10期生)のご案内☆ 2018年1月更新





動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

 

 

パピークラス通信⑩  ☆9期生2回目を開催しました☆ 2018年1月 更新

2018年1月19日

こんにちは

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

先週末は日本列島を寒波が襲っていたようです。

どうりで寒いわけですね…。

来週もまた寒波が来るとか…皆さま体調にはお気をつけ下さい。

インフルエンザも流行しているという話です。

人だけでなく香川県では「鳥インフルエンザ」も発生しましたね。

学生時代、この手の話題にはヒヤヒヤさせられました。

なにせ宮崎県は畜産国なので…今年は発生がないことを祈っています。




さて、2018年1月13日に開催した

パピークラス9期生、2回目の樣子をご報告します。

今回の参加者は

・あんこちゃん(トイプードル、6ヶ月、女の子)

・ハッピーくん(M.ダックスフント、6ヶ月、男の子)←ホテル中でしたが参加してくれました!

・エルメちゃん(ヨーキー、5ヶ月、女の子)

 

本日はあんこちゃん、エルメちゃんのお家のお子さんたちもご参加いただきました!

お子さん、子犬さんがいるとプチ幼稚園みたいな感じでしたね☆




テーマ①「いろんなものに慣れよう!」

家族以外の人に触れられることが好きになってもらいたいことはもちろん、

音や物など様々なものに触れることで、ご自身のわんちゃんがどういった性格なのか、

どういう方法でいろいろなものに慣れるのかを実践してみましたよ☆

わんちゃんの5感を使う練習の一つにもなります

1. 飼い主さんチェンジ!(良いお写真が撮れていませんでした…)

前回は飼い主さんに触ってもらうだけでしたが、今回はお友達のわんちゃんのお母さんたちに触ってもらいます。

人が大好きで仕方ない子は問題ありませんが、怯えている子は要注意!

いきなり触ったり、大勢で囲むようなことをするとますます怖くなってしまいます。

(以前参加したセミナーで、上記のような行動をするのは「ゴキブリがいっぱいのお風呂に入れというようなものだよ」というのを聞き、納得の怖さでした。)

少人数でゆっくりと時間をかけてあげましょう。




2. 芝生(人工)に乗ってみよう!

お散歩で草に触れる子、触れない子様々だと思いますが、

芝生や、砂利といったところを歩くことも色々刺激になります。

肉球センサー鍛えましょう!



 

あんこちゃん

躊躇なく芝生に乗ってクンクン♪

 



 

エルメちゃん

気になるけどちょっと怖いな~。

お母さん、お姉ちゃん一緒にいてね…

 

 


ハッピーくん

クンクン♪これは何だ???

怖くはなさそうだ!

 

 

 

三者三様の楽しみ方をしていました☆




3. 傘って怖くないんだ!

傘を開く時の「ボンッ」という音が苦手という方も聞きます。

それは、得体の知れない棒がいきなり変な音を立てて大きくなるので、

「なんだこいつは!」といって吠えているのかも。

開いた状態の傘をクンクン匂ってみてもらったり、周りを歩いてもらいました。



あんこちゃん

私、コレ知ってるわ!

「カサ」っていうのよ~なんて声が聞こえそうです。

 

 


エルメちゃん

いきなり大きくなったからびっくりしたよぅ~。

でもお姉ちゃんが触っているから

「怖がらなくてもいいもの」なのね!

勇気を出して、遠くからクンクンしてみよう!


ハッピーくん

なんだここ~?

ちょっとポカポカするよ~





②「わんちゃん同士のお遊びタイム!」

今回は、実際遊ぶのは初めてなので、ゆっくりと。

まずはお互いの匂いを嗅いだりするところからはじめました。


くんくん

あなた「ハッピーくん」って言うのね



くんくん

君は「あんこちゃん?」

「ハッピーくんね!お友達になろうよ!」

 



 

 

 

 

 

あんこちゃんは、誰とでもすぐに仲良く慣れそうな感じ

ハッピーちゃんはマイペースに自分の興味のあることをしつつ、他のわんちゃんのところへ

エルメちゃんは少し緊張気味だったので、お姉ちゃんの抱っこで樣子を見ていました。

え?遊ばせないの?と言う声もあるかもしれませんが、強要してしまうとわんちゃんが苦手になる可能性も0ではありません。

他の子が遊ぶ樣子を見るのも、立派なお勉強です☆




さて、第2回目はここまで

来月のテーマは

「お散歩トレーニング」

「待て」

の2本立てです。

散歩に行く前の興奮、引っ張り癖などについてお話してみましょう。



動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

 

パピークラス通信⑨  ☆新入生募集(10期生)のご案内☆ 2018年1月更新

2018年1月17日

こんにちは。

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

今週末は日本列島を寒波が襲っていたようです。

どうりで寒いわけですね…。

インフルエンザも流行しているという話です。

人だけでなく香川県では「鳥インフルエンザ」も発生しましたね。

学生時代、この手の話題にはヒヤヒヤさせられました。

なにせ宮崎県は畜産国なので…今年は発生がないことを祈っています。




さて、最近子犬さんの飼い主様方から

「次はいつ開催なの?」という声を多数いただきました!

ありがとうございます!!!

そこで、新入生募集のお知らせです!!






 




日時は上記の通り。

2018年2月~開催です!

基本的に第3土曜日なのですが、3月のみ第4土曜日とさせていただきます。




対象に記載させていただいている予防について少し詳しく。

混合ワクチン:2回接種済+抗体検査OK、または3回接種済

狂犬病ワクチン:5ヶ月齢以下は免除。それ以降は接種済

フィラリア:最低限4~12月までは予防実施

ノミダニ:1ヶ月以内の予防を実施。(毎月)

をお願い致します。

病院には不特定多数のわんちゃん、ねこちゃんが来院されますので

院内感染予防のために上記の予防についてはしっかりとお願いします。

他院で実施されている場合は証明書やお薬の袋をお持ち下さい。




参加は残り3組を予定しています。(2018年1月16日現在)

ご興味のある方はお早めにご連絡下さい。

 

申込みは、当院受付またはTEL(075-465-3330)にて承ります。



動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信⑧ ~第9期生 1回目を開催しました~ 2018年1月更新

2018年1月16日

前回に引き続き失礼致します。

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

お次は新しいクラスについての報告です。

 

2017年12月から毎月第2土曜日に開催している、

第9期生の皆さんの様子を見てみましょう!!

・はるちゃん(プードル、9ヶ月、女の子)

・ハッピーくん(M.ダックス、5ヶ月、男の子)

・あんこちゃん(プードル、5ヶ月、女の子)

・エルメちゃん(ヨーキー、4ヶ月、女の子)

という4頭が参加してくれました。

本日のお題はこちら

「ボディタッチ&コントロール」

「アイコンタクト、おすわり・まて」

もうそろそろおなじみですね…基本が大切なのでお付き合いください。








みなさん 今回が初めての参加でしたが、お母さんたちの膝の上でゆったりくつろいでくれていました。

口や耳、足先など触ってもリラックしてくれていましたよ☆

アイコンタクトやおすわり・待てのコーナーでは

プードルさんたちは元気いっぱいだったので

お母様方は落ち着かせるのに必死でした(汗)

でも、終わる頃にはみなさん良い感じに出来るようになっていましたよ!

毎日の練習をお願い致します!!

来月は

「いろんなものに慣れよう!」

「わんちゃん同士の交流」

を予定しています。

動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信⑦ ~第8期生 最終回を開催しました~ 2018年1月更新

2018年1月12日

動物病院 京都、獣医師 谷田美和子です。

明けまして、おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

皆さま、年末年始はいかがお過ごしでしたか?

今年の年末年始は重度の腎臓病の猫さんや、椎間板ヘルニアのわんちゃんが多く来院されたように感じます。

まだまだ寒い日が続きますので、人も動物さんも体調管理には気をつけましょう。

私も、インフルエンザには気をつけたいと思います。

 

さて、遅くなりましたが先月開催していました2クラスについてご報告します。

まずは第8期生の最終回(2017.12.16開催)から!

2017年8月から始まりもう、5ヶ月も経ったのです。

みんな大きくなりました…

この日の参加者は

・れんとくん(Mix、1歳、男の子)

・あずきちゃん(柴、6ヶ月、女の子)

・ブルちゃん(フレンチブルドック、9ヶ月、女の子)

の3名でした。

この日は、今までの復習を実施

第1回:ボディタッチ&コントロール

アイコンタクト、おすわり、待て

第3回:クレートトレーニング

第4回:一発芸

そして、わんちゃん同士の交流を実施しました。





 

①ボディタッチ、コントロール

 れんとくん&あずきちゃん

 お母さんの膝の上で気持ちよさそうです。

 ※ブルちゃん上手くお写真が取れていませんでした。申し訳ありません。



 



 


②アイコンタクト、おすわり、まて

 みんなしっかりとお母さんの目を見ておすわりが出来ています。

 しっぽフリフリも早々におさまり落ち着いたまての体勢に!◎です!!

クレートトレーニングも始めた頃よりは抵抗なく

みんな入ってくれていました!

最後の遊びタイムの時間もみんな楽しそうに遊んでくれていました!

最初はれんとくん&あずきちゃチームvsブルちゃんで遊び

その後はあずきちゃん&ブルちゃんチームvsれんとくん

という体勢で遊んでいました。

ごくごく自然に上手に攻守交代が出来ている姿が微笑ましかったです。

8期生の回に参加してくださった方は

みんなであつまってのクラスは今回で最後になりましたが、

「しつけは一生続くもの!」です。

1歳になったから終わりではなく、毎日毎日コツコツと練習しましょう!!

そして、出来るようになるスピードはわんちゃんによって違うのは当然です。

「うちの子は遅い」「できない」とあきらめずにやってみましょう!!

最後にみんなで集まってパシャリ☆

みなさん良い笑顔です♪


当院では診察時間中などにもしつけの質問をどしどし募集しています。

お気軽に獣医師または看護師にお尋ね下さい。

動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信⑤ ~第8期生 3回目を開催しました~

2017年11月28日

こんにちは。

動物病院 京都、獣医師の谷田 美和子です。

最近朝晩が冷え込んできましたね…。

地元亀岡では恒例の霧が出始めました。電車が遅れます…。

 

———————————————————————————————————–

さて、遅くなりましたが10月に開催した

第8期生の3回目の樣子をお伝えします。

この日はあいにくの雨模様…台風の接近もありました。

そんな中参加してくださったのは こちらの2名!


あずきちゃん

5ヶ月、柴犬、女の子

 


ブルちゃん

8ヶ月、フレンチ・ブルドック、女の子

元気いっぱいの初参加です♪

来院時にテンションが上りすぎてガーガーと喉が鳴ってしまったため、

念のためアイスタオルを装着!!

————————————————————————————————————————–

さて、今回のテーマは

「クレートに入れるようになろう!」です。

ここで言うクレートとはわんちゃんやねこちゃんを持ち運ぶ際に使用するカバンです。

以下のメリットがあります。

1.お出かけの際に安全に移動できる

2.ホテルや入院のストレス軽減

3.災害時の同行避難に必須 ※大型犬の場合はケージを用意しましょう

と、入れるようになっておくといいことがたくさんあります。

では、入る練習はどうすればよいのか?

実際、練習風景を覗いてみましょう。





1. クレートをトントンして「ハウス」と言います

 ☆クレート=ハウスと認識させるため


2.興味を示したら、フードまたはおもちゃをクレートの中へ入れます

 ☆指をさして中へ誘導します


3.クレートに入れたら、褒めましょう!

 ☆最初扉を閉めずに実施してもOKです。


※クレート自体を怖がってしまう子は、

 クレートの屋根を取って(分解可能なものは)練習してみましょう!

 また、ケージの中にクレートを寝床として置いておくことも抵抗をなくすためにオススメです。






 

☆おまけショット☆

お水をもらった後の一コマ

ブルちゃん:おいしかったね~

あずきちゃん:き、きみだぁれ?初めましてだね…

という感じでしょうか?笑





さて、第8期生(2017.8スタートのクラス)も折り返しになりました。

11月の回では一発芸に挑戦です!

晴れることを期待しています…

また、2017.12~ 第2土曜日に第9期生の募集を開始しますので

案内をご参考の上、ぜひお申込み下さい!!

動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信⑥ ~第9期生 新規募集のお知らせ☆~

2017年11月28日

こんにちは

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

日に日に寒さが厳しくなってきましたね。

我が家でもこたつが登場し、わんちゃんvsねこちゃんvs人の「こたつ争奪戦」が繰り広げられています。

寒くなって、胃腸炎などで来院される方が増えている傾向がありますのでご注意下さい。




さて、今回は パピークラスの新規募集についてのお知らせです。

当院では2017年8月から第8期生のクラスを開講していました。

今回は第9期生の募集です☆

※前回と同様に単回受講も可能なので、是非ご参加下さい。




日時:2017年12月~2018年4月まで

第2土曜日

14;00~15:00

費用:5,000円/5回

※単回申込みの方、1,200円/1回

持ち物:フードorおやつ

リード

(第4回:クレート)

対象:3ヶ月~6ヶ月齢の子犬さん

混合ワクチン、狂犬病ワクチン(※)、ノミダニ・フィラリア予防をされている方

※5ヶ月齢以下のわんちゃんは免除する場合がございます。

飼い主様の服装:動きやすい服装

スカートやヒールは控えて下さい。

以下、案内です。






 

 

 

 

 

 

 

 

ご参加のお申込みは

診察時またはお電話(TEL:075-465-3330)にて承っております。

元気な子犬さんたちとお会い出来ることを楽しみにしております。



動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信④ ~第8期生 2回目を開催しました✩ その2~

2017年9月25日

こんにちは

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

前回に引き続き、パピークラスの様子をご報告します。

———————————————————————————————————-

「いろんなものに慣れよう」

②おもちゃを使って興奮のコントロールを使用!

これまた、子犬さんで多いお悩み…

遊びに夢中になりすぎて人の手を噛んでしまうんです…

そんな方は是非試してみて下さい。

1.  おすわり、待てをして興奮が冷めたら遊ぶ

「どうぞ」と言ってからおもちゃを渡しましょう。

下の写真のように目を見てじっと(しっぽなどが動いていない)の状態まで我慢します。



2. 遊びに夢中になってきて、唸り声が出る・鼻のところに皺がよるなどなど

興奮しそうになる前に一度おもちゃを取り上げる

この時「ちょうだい」と合図をつけることをお薦めします!



 

3. おすわり、待てでクールダウン

写真の様子はまだ落ち着けていません。目はキラキラ、舌も出してハッハッと興奮冷めあらぬです。



 

 




続いて

「目指せ!芸達者!! フセをしよう」のコーナー

※写真がうまく取れていませんので文章のみの説明でご了承下さい

基本的に始めはおすわりの姿勢からがやりやすいです。

1. おすわりをする

2. おやつなどをわんちゃんの目線を下げるように真下におろす

3. ゆっくりとおやつを前に引く

→するとわんちゃんはおやつ欲しさに前脚が伸びてくる

4. フセの完成

 

今回、取り上げた内容をお家で試してみたがうまくいかない!!

というかたは、診察にてご相談させていただければと思います。

お気軽に来院して下さい。

 

今回のベストショット




 

兄弟ですか?笑




次回のパピークラス(第8期生 3回目)は

10月21日(土)14:00-15:00です。

次回の内容は

「クレートに入ってみよう!」

です。

災害時などに役立つクレートも小さい頃からの慣れが必要です。

ご興味のある方は是非参加して下さい。

事前にTELまたは病院までご連絡いただけると幸いです。

パピークラス 新規募集 ☆第8期生☆ 2017年8月更新





動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

パピークラス通信③ ✩第8期生 2回目を開催しました✩ ~9月下旬更新~

2017年9月25日

こんにちは。

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

最近は朝晩が冷え込むようになってきましたね。

そろそろうちのねこの玖助に温めてもらおうかと考える今日このごろです。

人だけでなく、動物さんたちも気候の変化で体調を崩すことがありますのでご注意下さい。

 

さて、今回は2017年9月16日(土)に開催したパピークラスの様子をご紹介します!

今回参加してくれた子犬さんは3頭でした!


1人目:れんと君

    9ヶ月、ミックス、男の子


2人目:くまごろう君

    7ヶ月、柴、男の子


3人目:あずきちゃん

    3ヶ月、柴、女の子

れんと君とくまごろう君は先月に引き続き2回目の参加でした!

あずきちゃんは今回から参加!お兄ちゃんたちと仲良くできるかな…?

そしてそして、特に規制をかけたわけではないのですが…

みんな黒色のわんこちゃん達です♪

黒い子以外も参加できますのでご心配なく!!!笑





第2回のテーマは

「いろんなものに慣れよう」

「目指せ芸達者!フセが出来るようになろう!」

の2本立てです。

まずは一つ目。

「いろんなものに慣れよう」

このテーマは、子犬さん(特に3ヶ月~6ヶ月位までの子たち)にとっては非常に重要なものです。

子犬の時期は様々なものに対して寛容、つまり受け入れやすい時期にもなるので

できるだけいろんなことを経験させてあげることで

すごく怖がってしまう、ストレスがかかってしまうということを少しでも解消する狙いがあります。

さて、当日様々なものを企画していましたが以下の2つを集中的に行いました。

①聴覚:チャイムなど音に対する反応と対応方法

②遊ぶ:おもちゃを使って、興奮のコントロールを行う





①聴覚:チャイムなどの音に対する反応と対応方法

 診察でよくご質問頂く内容です。

 「ピンポンがなると吠えます。なんとかして下さい」

 いわゆる【無駄吠え】の相談です。

 ご相談いただいた際、私は以下のことをよく伺います。

 「吠えた時はどのように対応されていますか?」

 『コラ!』と叱りますという方が多いでしょうか…

 次に「わんちゃんは吠えている時どう思っていますか?」と訪ねます

 『……』だいたい答えにつまります

 以前、院長 園田もブログに書いていましたが

 わんちゃんにとっては何も【無駄】ではありません。

 意味があって吠えています。要するに、話しているのです。





今回、参加してくれたわんちゃんでもこのお悩みを抱えている方はいらっしゃいました。

わんちゃんの気持ちは

・怖がっていそう、誰か来たのか不安になっていそう

・人が大好きなので、チャイム=来客⇒やったー となっている

という2通りの意見が出ました。

どちらも正解です。

  ※ちなみに、うちのコロ助は上記2種類とは違い、誰か来た追い払ってやる!で鳴いています

さて、そんなわんちゃんたちに練習してもらったのは以下の方法です。

あくまで、一つの方法にすぎないのでそれぞれのわんちゃんに合わせたやり方を見つけましょう





※ご家族の協力が必要です!

1. おすわり、待てをする



 

2. ピンポンを鳴らす→ご家族が帰宅されるときがやりやすいかもしれません



 

3. 待てたらご褒美! 褒める、おやつetc…

特に嬉しくて興奮してしまうタイプのわんちゃんは

人に触ってもらうのも「興奮が冷めてから」にすると

「静かにする=自分にとってメリットがある」という認識につながってくれます。





長くなりますので、もう一つのお話は次回に

・「いろんなものに慣れよう」②おもちゃを使った興奮のコントロール

・「目指せ芸達者!フセをしよう!」

のご報告をします。

動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

短頭種のわんちゃん 鼻腔拡張術・軟口蓋切除術 2017年8月

2017年9月5日

こんにちは。
動物病院京都 獣医師 尾関 康江です。
当院は、京都市北区、右京区、上京区の区境の西大路通り沿いにあります。
夏休みも終わり、新学期が始まりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
朝晩と過ごしやすくなったので、夏が苦手な私は、少しほっとしています。

さて、今回は短頭種気道症候群といわれる、短頭種に多い病気についてお話します。短頭種といわれる犬種はマズルが短く、頭部に丸みのある、両眼の位置が離れているわんちゃんが含まれます。ブルドック、パグ、ボストンテリア、チワワが典型ですが、チンチラやマンチカンなどの猫さんも含まれます。

症状としては、いびきをかく、口開けて喉を鳴らしながら呼吸をする、運動した後に疲れやすい、失神するなどがあります。

身体の特徴として、
①鼻の穴が狭く、鼻で呼吸をするのが難しい。
体温が高い時に、舌を出して“ハァハァ”とパンティングすることで体温調整します。しかし、短頭種の子は鼻が短く口腔の面積が狭く、また鼻の穴が狭いため、慢性の呼吸困難になりやすいです。
②軟口蓋が長いために、がーがーといびきをかく。
軟口蓋とは喉の奥にある、食道と気管の入り口を必要に応じて蓋してくれるものです。短頭種の子では、このひだが長く、空気の流れを邪魔します。これにより息が吸いにくくなるので、がーがーといびきをかくようになります。いびきの程度は年齢とともに悪化していきます。パンティングがひどい際には、軟口蓋が腫れてしまい、喉が塞がってひどいと窒息してしまうことがあります。
③この他にも、喉頭小嚢の外反、喉頭虚脱など呼吸に関係する身体の部位に異常が出ます。

当院ではこういった呼吸困難の子に対して、鼻の穴を広げたり、長く伸びたひだ(軟口蓋)をきる手術を行っています。
以下の写真は、7月末に鼻腔拡張術という鼻の穴をひろげた手術の前後での写真です。

手術前



手術後



鼻の穴が広がったことで呼吸の通り道が確保され、呼吸が楽になり、ガーガーといった口を開けての呼吸も少なくなりました。

喉を開けると普通はこのように見えます。


でも、短頭種の子は軟口蓋(人でいうと喉ちんこ)が長く、空気の通り道を塞いでしまっています。



軟口蓋を切ることで喉が見え空気の通り道が確保されるようになりました。
お散歩の際など、がーがーというパンティングがひどくなる前にアイスロンや保冷剤を首に巻いて冷やしてあげて下さい。そうすることで喉が腫れるのを少しでも抑えることが出来ます。



普段の生活の中で、わんちゃんが呼吸がしづらそう、いびきをよくかくようになったとういことがあったらご相談下さい。

動物病院 京都
獣医師 尾関康江

パピークラス通信② ✩第8期生 1回目を開催しました2✩ ~2017年8月末 更新~

2017年8月30日

前回に引き続きまして、またまた失礼します。

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

さて前回書ききれなかった

「アイコンタクト、おすわり、待て」

についてご報告です。

ポイントは以下の3点

・人の指示で動けていますか?

・興奮が冷めるまで待てていますか?

・できたら褒めていますか?

 

まずはれんと君


微妙に目線があっていないのわかりますか?

おしい!



練習するとこんな感じに

お母さんのお顔が半分くらいしか見えていませんが、しっかりと眼が見れています!

 

続いて、くまごろう君



お母さんの「おすわり」の声で座れましたが、

ご褒美や手の位置がしたにあったので頭を垂れてしまっています。

お母さんファイト!

でも練習していくうちにお母さん達が上達してきて

最終的にはこんな感じまで成長しましたよ♪(本当はお母さんと撮りたかったのですが良い絵がありませんでした。ごめんなさい)



 

今回参加してくれたわんちゃんたちも

お家とは違う雰囲気なので、少しだけ緊張気味でした。

ということは……

お家だと難しい!言うこと全然聞いてくれない!!

ということが確実に出てきます。

そんなときこそ基本に忠実に!

意味が無いと思う基礎をしっかりしておくことで今後修正できると思います。

毎日少しでも今日やったことを復習してみてくださいね♪

 

おまけショット

少し遊んでみました✩ クンクン「君だぁれ?」






 

【ころ助の見本講座】 えらそうなこと言っていますがまだまだ半人前です。





うちのころ助もみんなと一緒に頑張ります!

もう、4歳と成犬ですが今からでもおそくない!!頑張れ、コロ助!!

次回は9月16日(土)14:00~15:00

内容「いろいろなものに慣れよう!」

 ご参加いただいたわんちゃん同士の交流

 わんちゃんがびっくりしがちなものやついつい興味を持ってしまうものに遭遇した時の対応

を予定しています。

動物病院 京都

獣医師 谷田美和子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【パピークラス スタッフからのお知らせ】

第8期生が8月からスタートしました。

1回目に間に合わなかった方、単回でお申込されたい方

今からでも間に合います!

是非、お申し込み下さい。

パピークラス 新規募集 ☆第8期生☆ 2017年8月更新


※上記リンクでは8月15日締め切りとしていますが、ご興味のある方は是非ご連絡下さい。

                              パピークラススタッフ一同 より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

パピークラス通信① ✩第8期生 1回目を開催しました その1✩ ~2017年8月末 更新~

2017年8月30日

こんにちは。

動物病院 京都、獣医師の谷田美和子です。

まだまだ寝苦しい夜が続きますね。

いつになったら涼しくなってくれるのでしょうか…

谷田家の動物たちも日々の暑さにダラダラと寝ています。羨ましいかぎりです…。

 

さて、10日ほど前にパピークラスを開催しましたのでその様子をご紹介。

第8期生の1回目です✩

お二人が参加してくれました。

一人目:れんと君

8ヶ月のミックスの男の子


二人目:くまごろう君

6ヶ月の柴犬の男の子


お二組ともお父さん&お母さんのご参加でした!

素晴らしい◎

お二人とも、雰囲気がよく似ていますね~。

仲良くなれるかな???

さて、第一回目のテーマはこちら↓↓

「ボディタッチに慣れよう」

これはいつものことですね。ブログ見ていただいている方なら知っていらっしゃるかも?

今回からはもう少し色々お勉強したい!

…ということで、一回目からですが

「アイコンタクト、おすわり、待て」

にも挑戦しましたよ!

お二人ともお家だとやんちゃすることもあるようですが

何か雰囲気を察したのかすーごくお利口にしていました。

いつもの通りで良いんだよ…(汗)





れんと君

お父さんに抱っこしてもらってごきげんです。

お母さんが後ろ足などを触っても「どうぞ~」という感じです。

お母さんもこんな感じで抱っこしてくれました。動じない…


くまごろう君

「ぼくあっちに行きたーい、はなしてー」と最初はジタバタ

お父さん『今は放しません!』と頑張ってくれました。

すると…


「ちぇー、遊びたいけどいまは諦めるか…」という感じで徐々に力を抜いてくれました

 

嫌がった時やわんちゃんの都合で放さない!!

すごく重要なポイントですね

「ボディタッチになれよう」の項目で

少し長くなりますので、次の項目は次回に✩

動物病院 京都

獣医師 谷田美和子





【パピークラス スタッフからのお知らせ】

第8期生が8月からスタートしました。

1回目に間に合わなかった方、単回でお申込されたい方

今からでも間に合います!

是非、お申し込み下さい。

パピークラス 新規募集 ☆第8期生☆ 2017年8月更新


※上記リンクでは8月15日締め切りとしていますが、ご興味のある方は是非ご連絡下さい。

                              パピークラススタッフ一同 より

————————————————————————————————————————–