オトスコープ(耳内 内視鏡)

<2017年4月更新>
当院では、2016年より、ビデオオトスコープ(耳の内視鏡)を導入しています。
ビデオオトスコープは、今までなかなか治らなかった慢性の外耳炎、それに伴った中内耳炎などの診断、治療に用います。

わんちゃんねこちゃんは特に、草むらに入ったりするので、知らず知らずのうちにくさなどのノギが入り、そこから耳が不調になってしまったり、耳の皮膚の特性により、短頭種特に、フレンチブルドッグ、ブルドッグ、ボストンテリア、パグや、耳が垂れている、アメリカンコッカースパニエル、キャバリアキングチャールズスパニエル、バセットハウンド、ミニチュアダックスなど、さらに耳の中に耳毛が多いトイプードルなどは特に耳を患っていることが多く見受けられます。またねこちゃんでも、炎症性ポリープなどは若い頃からの耳漏の原因になり、また中高齢では腫瘍、特発性中内耳炎などに注意が必要です。

ビデオオトスコープを実施するには、簡単な麻酔が必要となりますが、患っている多くの飼い主様において、満足してもらえるような診断・治療成果が出ています。耳のことで悩まれている方は、お気軽にお申し付けください。

年中無休
診療日
日祝
午前
午後
診療時間
午前 9時~12時
午後 月~土 16時30~20時
日・祝 14時~17時
夜間救急 20時~24時
※月〜土の最終受付は19時30までとなります。
12:00〜16:30は手術・往診対応となっております。
採用情報 トリミングサロン ひまわり ペットホテル ゆらり 院長ブログ ドクターブログ 看護師ブログ スタッフブログ トリミングサロン用ブログ よくある質問 お問い合わせ スタッフ紹介 アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」 動物病院口コミ検索Calooペット