ねこさんの健診始めました(=^・^=)

こんにちは、看護師の山脇です。
7月も後半になり暑さが益々厳しくなってきましたね。
この時期は人間同様、わんちゃん・ねこちゃんも体調を崩しやすい時期です。
また、蚊やノミ・マダニが多く発生する時期でもありますので、予防などしっかりしてあげるといいですね。

今回、ねこちゃん限定で健康診断セットを始めました!
ねこちゃんの健康をまもるため、病気の早期発見・早期治療が大切です。
お手元にご案内が届いている方は勿論のこと、ホームページで初めて当院の事をご覧になられた方も8月末までの期間限定のコースになりますので、この機会にお家のねこちゃんの身体の事を気にしてみませんか?

年齢やご希望に合わせて検査メニューを選べるコースをご用意致しました。
【 コース名にも注目してみてください(^^) 】

0~6歳でよく診られる病気
・下部尿路疾患(膀胱炎・尿石症)おしっこの中に結石や結晶ができてしまう病気です 
・肥大型心筋症:心臓の筋肉が肥大してしまう病気です
        若い頃からでも発症している事があり、特にスコティッシュフォールド、アメリカンショートヘアー、ペルシャに多くみられます
・口内炎:口腔内の細菌、猫白血病ウイルス・猫エイズウイルスが原因となります。口腔内の視診やウイルス検査が大切です

7歳以上でよくみられる病気
・慢性腎臓病:加齢とともに腎機能が低下し、老廃物をおしっことして排泄しにくくなってきます。飲水量の増加やおしっこの色が薄くなる等の症状がみられます。早期治療を開始すると健康寿命を長くすることができま
・甲状腺機能亢進症:甲状腺の過形成や腫瘍化により甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。食欲が増しているのにどんどん痩せてくる、落ち着きがなくなる等の症状が見られます
・肥大型心筋症:心臓の筋肉が肥大してしまう病気です
         若い頃からでも発症している事があり、特にスコティッシュフォールド、アメリカンショートヘアー、ペルシャに多くみられます
・糖尿病:生活習慣や慢性膵炎などの悪化に伴い、インスリンの分泌低下・感受性の低下で発症します。元気食欲の低下・体重減少・多飲多尿等の症状がみられ、ひどい場合には昏睡から死に至ることもある病気です。

尚、ひらめコース、のどぐろコースのエコー検査はしっかりと診させていただくためにも、事前予約が必要となっております。
お電話にてご予約も承っておりますので、お気軽にお電話ください。

色々病気の事も書きましたが、1日でも長く健康でねこちゃん、飼い主様が幸せに暮らせるよう、私達もお手伝いさせていただきたいと思っております(*^^*)
ご不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい!