パピークラスを開催しました☆ 7期生 1回目(2017.03.15)

こんにちは。

京都市北区にある動物病院 京都 獣医師の谷田美和子です。

当院は、京都市北区、右京区、上京区の区境の西大路通り沿いにあります。

3月は別れの季節でもありますが、新たな出会いに向けてワクワクする季節でもありますね。

思えば、京都を離れ遠く宮崎の地におりたのも、8年前の3月でした。(もうそんなに時間が経つのかと思いますが…)

この時期、ご家族の転勤や引っ越しなども多くなります。

環境の変化に敏感な動物さんはこのような変化でも体調を崩すことがありますので、ご注意ください。

さて、2017年3月15日に7期生の初めてのクラスを開催しました。

今回参加してくれたのは、7ヶ月のプードルの男の子。

「ポロくん」です。なんとお一人での参加!

寂しいかもしれないなと心配していましたが、

寂しさを吹き飛ばすくらいの元気さでした。安心

今後、みなさまに参加していただきやすくなるように調整できればと思います。

今回の内容はみなさまおなじみの「ボディタッチ、コントロール」です。

ポロちゃんは訳あって小さい頃に当院で入院していたので、

ボディタッチのやり方をお伝えするタイミングを逃していました。

しかし、遅くはありません!やってみよう!!

「お家でやっているみたいに触ってみて下さい」とお願いしました。

おすわりや膝の上で伏せた状態で

耳、足先を触れていました。

ポロちゃんも特に嫌がる様子もなくリラックス。

そこで次に「口まわり触ってみましょう」と言いました。

今は乳歯の生え変わりの時期も重なっているため少し嫌なようです。

ただ、ここで諦めてしまっては口を触られるのが苦手なままになります。

とくにポロちゃんはプードルさんなのでトリミングは必須。

口周りもカットできると、より可愛いカットにも挑戦できるはず!

ということで口周りタッチを取り入れてもらうようにお伝えしました。

最初は嫌がる様子があるので、フードを使いつつ嫌じゃないことを伝えるやりかたを伝えました。

次に「仰向け抱っこ」

やったことはないとのことだったので見本から。

身体を触って落ち着いた状態でゆっくりと身体を仰向けにします。

それでも嫌がる子はまず「たて抱っこ」から初めましょう。

その状態でお腹などをマッサージしていきます。

ポロちゃんは身体は小さいのにも関わらず、秘めたる力は強くて

「放してくれ~」と抵抗が強かったです。

その場合も、あせらずにわんちゃんの身体を自分の体にくっつけて固定します。

力が抜けたらこちらも力をゆるめます。そしてしっかりと褒めてあげましょう。

②環境への慣れ

ポロちゃんは病院大好きっ子なので全く問題なかったですが、

この投稿を見ていらっしゃる方の中には

「病院が苦手」「外に行くと怖がって…」などのお悩みを持っていらっしゃる方もいるかと思います。

特に、病院は体調が悪くなった時くらいしか行かず、注射などをするところになっていると苦手になる子が多いようです。

人間の子どもと同じですね。私も昔、歯医者さんが怖くて怖くて…

そういう場合でも、「病院の前まで行ったら大好きなおやつをあげる」、「スタッフに撫でてもらうだけ」などわんちゃんにとっていいことをしてあげて不安を解消しましょう。

※近所の小児科の先生は診察が終わるとおもちゃをくれたりしてました。

今振り返ってみると、うまくできてるなーと思います。

最初のクラスはこれにて終了。

来月も成長したポロちゃんに会えることをスタッフ一同お待ちしています。

新しく子犬を迎えられた方も、

ご生活のこと、困ったことがあればぜひご相談ください。

 

4月から狂犬病やフィラリア予防など本格的な「予防シーズン」が到来します!

しっかりと予防して、健康に一年を過ごせるようにしましょう。

動物病院 京都

獣医師 谷田美和子