夜間救急・夜間対応が始まりました 2017年8月7日

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

今年の阪神タイガースの調子は、いいですね。2位でいいというのもなんですが、昔から若手が台頭してほしいと思っていましたが、今年は、今までの阪神タイガースに比べるとずっとそうゆう意味ではいいですよね。

さて、2017年8月7日 月曜日より 動物病院 京都において 夜間対応を再開致しました。
夜間対応にあたっては、当院の院長である 私 院長 園田、を中心に対応して参ります。

公表としては、8月21日 月曜日からの夜間対応 夜間救急受付ですが、その前段階として、昨日より獣医師1名看護師1名が24時まで残って夜間救急対応を実施しています。

最近よく聞かれるのは、保険は適用ですかとの質問です。当院では各種動物医療保険に対応しています。アニコム損害保険、アイペット保険は、窓口にて保険適用後の診療費を頂き、飼い主様自身で請求して頂く必要はありません。それ以外の保険会社においては、所定の診断書にサインなどをして保険適用となります(書く内容が多ければ保険会社負担にて費用が発生)。

これまでも、当院にカルテのある動物さんを中心に夜間対応をしてまいりましたが、通常診察のあとさらに残って実施していたため、確実に対応できるときとそうでないときがあったのですが、2017年8月より、24時までは確実に獣医師および看護師が待機しているので、夜間でお困りの際は、お電話(075-465-3330)下さい。

私、院長園田は、月曜日、水曜日、木曜日、土曜日に夜勤に入るためそれに伴い、日中の診察が、月曜日と土曜日終日、予約診療となっております。
お電話もしくは受付にて予約をとっております。お気軽にお申し付け下さい。

なお、より待ち時間を少なくしたり、よりよい対応を目指すため8月よりいくつかの変更を実施しています。
・他獣医師の予約併用制
・継続診察料、再初診料の設定
・駐車場無料時間の延長 1時間から2時間へ
・午後の診察の開始変更 16:30-20:00
などです。
詳細を印刷したプリントをお配りしたり、HP上で告知しております。ご不明な点など御座いましたら、スタッフまでお申し付け下さい。

<夜間対応動物・対応ペット>
犬・猫

<夜間対応時間>
20:00~24:00

<夜間対応可能診療科目>
内科・外科・循環器科・呼吸器科・泌尿器科・歯科・眼科・消化器科・脳神経科・腫瘍科

<具体的な症状>

・ぐったりしている、元気がない、横たわっている、とぼとぼ歩いている
・吐いている、下痢している、血便がでている、お腹がはっている
・発作が起きている、痙攣している
・足が痛い、歩けない、歩きにくい、足をあげている、足を踏んだ、腰が抜けた、抱っこするとキャンと鳴く、段差を登りにくい
・車に轢かれた
・血尿、おしっこに血が混じっている、おしっこが出ない、おしっこの匂いがおかしい
・息がしにくい、息をしていない、咳をしている、舌が青い(チアノーゼ)
・出血している、どこかから出血しているがわからない
・お尻、生殖器から膿がでている、
・爪が折れた
・ノミがわいている、身体を掻きむしっている
・目が赤い、目が痛い、目やにがひどい、目が腫れている、目から血が出ている
・アレルギー症状がでた、顔が腫れている
・歯が折れた、口から血が出ている、口が痛くて食べれない、口臭がきつい
・お水を多量に飲む、おしっこが多い
・発熱している、熱がありそうだ、身体が熱い
etc

動物病院 京都
院長 園田 祐三