看護師ブログ

くうとのお友達

2018年6月5日

こんにちは。「動物病院京都」「動物病院京都 ねこの病院」動物看護師の山脇友香理です。
当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。
昨年8月からは20:00~24:00で夜間救急診療も行っております。
夜間救急診療をご希望の場合はご来院前に必ずご連絡をお願い致します。
また夜間救急の診療対象動物さんは犬・猫のみとなっております。

また、本院から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院があります。
ねこの病院は上京区にあり近くには北野天満宮といった観光名所もあります。
ねこ専門病院ですので、怖がりなねこさんも安心して診察の受けられる環境です。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

さて、5月も終盤にさしかかり、毎日暑い日が続くようになりましたね。
最近、朝晩や前日との寒暖差でお腹を壊してくるわんちゃん、ねこちゃんが多くなってきました。
また、パグさんやフレンチブルドッグさん等の短頭腫の子たちにとっては暑さは大敵です!
呼吸状態など注意してみてあげるようにしてください。

今日は前回紹介した我が家の「くうと」のお友達を紹介します。
警戒心の強いくうと君はなかなかわんちゃんのお友達ができません(・_・;)
そんなくうと君にも唯一お友達ができました!!
当院トリマー平道の愛犬「わたあめ君」です。
わたあめ君は同じく当院トリマーの清水のお家で生まれたビションフリーゼの男の子で、お誕生日も近い子犬さんです。
週に1回木曜日に「子犬の幼稚園」と題してこの2頭を触れ合わさせています。
最初はわたあめ君に追いかけられ、怖がっていたくうと君。
二人にも距離感があり、仲良くなれるのかな~と心配していました。
最初はちょっと距離のある二人。
でも、何度も回数を重ねる毎にくうと君もわたあめ君の事を認識し、最近ではわたあめ君が来ると尻尾を振って喜びます!
そして、二人でなかなか激しい「ワンワンプロレス(略してワンプロ)」を繰り広げています。

男の子同士なので、なかなか激しい取っ組み合いをします。
でも、お互い噛み具合など加減しているので、大きな怪我にはなりません。
本来はこうやってわんちゃん同士で遊びながら噛み加減を学習します。
かといって全く知らないわんちゃんと急に遊ばせるのは危険なこともあります。
お互いの性格を理解した上で遊ばせてあげてください。


 

激しく遊んだ後は小休憩(*^_^*)



こんなおもしろショットも(^_^;)
わたあめちゃんからニョキニョキ生えました

 

たくさん遊んでお疲れ様!今日はよく眠れるね☆

動物病院京都
動物病院京都 ねこの病院
動物看護師 山脇 友香理

愛犬とのお別れから新しい家族を迎えるまで パート2

2018年5月25日

こんにちは。「動物病院京都」「動物病院京都 ねこの病院」動物看護師の山脇友香理です。
当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。
昨年8月からは20:00~24:00で夜間救急診療も行っております。
夜間救急診療をご希望の場合はご来院前に必ずご連絡をお願い致します。
また夜間救急の診療対象動物さんは犬・猫のみとなっております。

また、本院から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院があります。
ねこの病院は上京区にあり近くには北野天満宮といった観光名所もあります。
ねこ専門病院ですので、怖がりなねこさんも安心して診察の受けられる環境です。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

さて、今回は前回のブログの続きです。
前回思った以上に長い文章になってしまい、新しい出会いまで書けませんでした(._.)
クッキーとのお別れから1年、ペットロスから立ち直るにもと思い立ち、我が家に新しい家族を迎えることになりました。
まず、最初にどこから迎えるかです。
ペットを迎えるにあたり、いくつか入手経路があります。
・ペットショップ
・ブリーダーさん
・里親募集
この他にもありますが、大きくはこの3つかと思います。
今回は、一からトレーニングをしたいとも思っていたので、子犬から迎えることにしました。
ペットショップも1つの方法だと思います。今回私はできるだけ親兄弟と一緒にいてもらいたかったので、ブリーダーさんから子犬を迎えることにしました。
もちろん犬種はダックスフンドで(*^_^*)
インターネットでブリーダーさんを探し、信頼できるブリーダーさんに出会うことができ、そこで1頭のダックスちゃんに出会いました。
それがこの子です。



見学に行った時はまだ生後1ヶ月半程だったので、少なくとも2ヶ月半まではブリーダーさんの元で育ててもらおうと考えていました。
なぜかと言うと、わんちゃんは生後12週齢までが社会化期と言われています。
社会化期というのは子犬の成長過程で最も大事な時期でこの期間にワンちゃん同士の触れ合いを通してあらゆる事をを学びます。甘噛の力加減だったり、遊び方だったりを親兄弟と一緒にいることで学習していきます。

お迎えするまでに色々必要なものがあります。
・サークル(トイレスペースが仕切れるものが使いやすかったです)
・キャリー
・お皿
・フード
・おもちゃ(数種類)
などなど。

ようやく生後2ヶ月半が経った2月中旬にブリーダーさんの所へ子犬をお迎えに行きました。
1ヶ月前に見学に行ったときよりも随分大きくなりしっかりダックスちゃんになっていました(*^^*)

お家に来た日は少し緊張していたのかおとなしくしていました。
名前は「くうと」です。

子犬を迎えたらまずは、メディカルチェックが必要です!
・検便(寄生虫の有無)
・お耳のチェック(耳ダニの有無)
・口蓋裂、鼠径ヘルニア、臍ヘルニアのチェック
・体格のチェック
・現時点での先天的な異常がないかのチェック
などが挙げられます。
「くうと」もメディカルチェックを谷田先生にしてもらいました!
診察とわかっているのか、わかっていないのか・・・谷田先生の膝の上で寝てしまい・・・
初めての病院も余裕の表情でクリアしました!!


子犬さんにとって何事も初めての経験です。
最初が肝心で、怖がらせず、いい印象でその経験をクリアすることが大切です。
「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」と焦ってあれこれしてしまっては後々大変になることもあります。焦らず、ゆっくり子犬さんにいい印象を与えながらたくさんの経験をさせてあげてください。

今後、我が家のトレーニングの様子を皆様にご紹介できるように頑張ってトレーニングしたいと思います(*^^*)

動物病院 京都
動物看護師 山脇 友香理

ホテル中の子たちの生活 3月中旬

2018年3月20日

こんにちは。京都市北区にある動物病院京都、動物看護師の駒宮 芽衣です。

当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

また一昨年、当院から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院を開院しました。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

3月に差し掛かり段々と暖かさが出てきて春らしい日が続くようになってきました。
北野天満宮の梅も上品かつ華やかに咲き誇っており、京都の四季は格別だなぁと改めて感じます。
桜もあと少しで咲くのかと思うととても楽しみです!(早くみんなでお花見したいな~笑)

さて、只今ホテル中の子たちの生活を覗いてみましょう~!
今回はトイプードルのあずきちゃんです!
トリミングしたてなのでもふもふですね~
診察室ではこんな感じで…



尾関先生を発見!必殺遊んでアピール!





羨ましいでしょ~?といった目でみてきます…うん、いいなぁ。




とてもうれしそうなあずきちゃんでした!

こんな感じで時々先生や看護師さんに遊んでもらっています。もしホテル中に体調が悪くなったり下痢してしまったりしても飼い主様に確認を取って処置をいたしますのでご安心してホテルをご利用下さい。

なお春休み期間のホテルはすでにご予約を承れないお日にちがございます。

詳しくは病院の受付又はお電話にて確認をお願いします。

動物病院 京都
ねこの病院
動物看護師 駒宮芽衣

愛犬とのお別れから新しい家族を迎えるまで パート1

2018年3月20日

こんにちは。「動物病院京都」、「動物病院京都 ねこの病院」動物看護師の山脇友香理です。

動物病院京都は京都市北区北野白梅町にあり、現在獣医師7名で年中無休で診察しております。
また、昨年8月からは20:00~24:00で夜間救急診療を行っています。
当院は北区、左京区、右京区、上京区、中京区からはお越しやすい場所にあります。
夜間救急診察をご希望の場合は予めご来院前にご連絡をお願いいたします。

ねこの病院は北野天満宮の近くにあり、ねこ専門ですので、怖がりさんのねこちゃんも安心して診察を受けていただける環境です。

さて、今日はここ1年程の出来事をお伝えしたいなと思います。
以前ブログにも登場したことがある我が家の愛犬クッキーが2017年1月14日に18年と2か月半の犬生を終えました。
この1年中々ブログで書けなかった事を書きたいと思います。
長くなるかもしれませんが、もしお時間あれば読んでいただけたらなと思います。
クッキーは毎年春と冬の年2回健康診断目的で血液検査をしていました。
2013年12月も同じように検査をしました。その時ほんの少しだけクレアチニンという数値が高くなっていました。高いと言っても正常範囲内での高値だったのですが、15年間今まではもっと低い数値だった為、念のために腎臓用の療法食での治療をスタートさせました。
それまでの変化は大きな異常はなかったのですが、いつもよりも水を飲む時間が増えていた気がします。その後3か月後くらいからは血管拡張剤のお薬を飲ませ始め、定期的にチェックしていた血液検査の数値も落ち着いていました。
その後1年少しはその状態で安定していましたが、2015年の2月に腎臓病が進行した為、皮下点滴治療と貧血の治療を開始しました。最初は週1回からの治療を開始しました。その後腎臓の数値の進行具合に合わせて自宅にて週2回の点滴になり、3日に1回→2日に1回→毎日になっていきました。その間、調子もよく一時は犬生初の体重が5kg近くまで太ったくらいでした。
しかし腎臓は一旦悪くなると元には戻らないので、2016年の夏頃から徐々に食べる量が減り、食べたい物が変わってきました。
最初は何とか腎臓食を食べてもらおうと必死で腎臓に負担の少ないお野菜やほんの少量(爪の先くらいの)お肉をトッピングしてみたりしました。
しかし、腎臓食はいらないと言い始め・・・好きな物はよく食べました(よく聞く話ですよね・・・)
野菜や果物、アイス(本当はいけないですが)等の食べっぷりはいいんです(苦笑)
ある日夕食に水炊きをした時に味が付いていない!と思い試におうどんと野菜と少量のお肉を刻んであげると喜んで食べてくれました。それ以降毎日野菜煮込みうどんを毎日の様に食べてくれました。
一気には食べられないので、少しずつですが食べてくれる事に安心し喜びを覚えた思い出があります。おうどんばかりだと飽きるかなと思い雑炊の様なものを作ってみたり、それも飽きてしまうと焼きうどんやチャーハンに・・・風味や触感が変わると食べてくれることもありました。
時には一般に売られている缶詰なんかも食べてくれました。でも、その日によって受け付けてくれる缶詰の種類が違うので、何種類も用意したり・・・作ったり用意したりしても食べてくれないと心が折れそうな時もたくさんありました。
これは獣医の先生には怒られてしまうかもしれませんが、カステラやむき栗、お造りに挙句の果てにはタレ無しローストビーフやうなぎの白焼きなど・・・
それらはものすごく喜んで足腰はかなり弱っていましたが必死に食べてくれました。
また、行動面での変化も訪れ、毎晩午1時・3時・5時に徘徊するようにもなりました。
目がもう不自由だったのと、足も弱っていたので、歩いているとひっくりかえってしまうので、その度に起きて抱っこしたりして介助しました。
体力的に疲れたなと思うこともありましたが、そう思うことにクッキーに罪悪感を覚えたりすることもありました。
2017年の年が明けしばらくした頃には時々痙攣を起こすことも増えてきました。
朝痙攣を起こしていても仕事があるので、母に託して出勤しないといけなかったことは今でも思い出すと胸が痛くなります。最後の1週間はほとんど動くことなく寝ていました。それでも好きな果物の絞り汁を口に入れてやると飲んではくれました。点滴はするかどうか迷いました。しかし、止めてしまうと脱水をおこしてしんどい思いをさせてしまったり、さらにひどい痙攣をおこしてしまうと今までの経験で実感していたので、点滴に関しては継続して行っていました。それはやっておいて今でもよかったと思っています。
亡くなる2日前には尿が作られなくなる乏尿の状態になり、いよいよかと覚悟はしたつもりでした。
亡くなった時は仕事中だったため、最期に立ち会うことができませんでしたが、家族が普段通りに過ごしている中、静かに苦しむことなくすっと息を引き取ってくれました。
仕事中に母からの電話を受けた時は覚悟をしていたつもりでしたが、頭の中で整理のつかない感情が溢れ出てきました。
朝に「夜帰ってくるから待ってってね」と言って家を出てお別れしたのが最後でした。
帰ってから真っ先に「待ってってって言ったのに!」と言ってしまいました。
なぜ、「ありがとう、お疲れ様」と先に言ってあげれなかったのか、今でも後悔しています。
同僚の看護師やトリマーさんにはお花をいただいたり、クッキーのプリントのクッションやキーホルダーなどたくさんいただき、何よりその優しい気遣いに涙が出てしまいました。

その後しばらくしてまさかのペットロス・・・毎日の日課になっていた点滴や食事の準備・介助、夜中の徘徊の介助などしていたことが一気にやることがなくなってしまい、一日の時間がものすごく長く感じました。動物看護師なんだからペットロスになってはいけないと気を付けていたのですが、そうはいってもなかなか気持ちの整理ができる物ではないですね。
その期間はものすごく長く感じましたし、とても辛かったです。
ペットロスになって思ったのは、ペットロスから立ち直るには時間がかかること、愛犬との思い出を共有し、話ができる相手がいること。悲しい思いもたくさんしましたが、愛犬との楽しかった時間を楽しく話ができる機会をもつことでした。
私の場合は当時クッキーを診てくれていた当院の尾関先生や谷田先生と話をすることでした。
特に谷田先生にはドッグフードを食べなくなった時に色々と相談に乗ってもらいました。
亡くなってからはその当時あげて喜んで食べてくれた食事の話をちょくちょくしていました。弱っていく中でも、あの時こうだったよね~とか楽しい思い出があったことでかなり気持ちが救われました。

動物を飼っている以上、いつかはお別れがやってくるのは抗えない事実です。
しかし、定期的に健康診断をしてあげることで、少しでも健康でいられる時間や一緒にいられる時間を延ばしてあげることができます。
ただただ命を延ばすだけではありません。その間に楽しい思い出をたくさん作ってください。
そしてその子を通じてたくさんのお友達やお知り合いの方を作ってください。
それらは小さな彼らが残してくれた大きな大きな大切な宝物になるはずです。
私も実際にやっておいてよかったことの一つが定期的な血液検査でした。
早期発見することにより、上手に腎臓病と付き合っていくことにより、3年も余生を楽しませてあげることができたと思っています。

長々となりました。それぞれのご家庭で様々な飼い方があり、様々なお別れがあると思います。
今回書いたのは私が経験したほんの一例にすぎませんが、誰かの何かの役に立てばと思い書きました。


 

次は新しい出会い編です。

動物病院京都
動物病院京都 ねこの病院
動物看護師 山脇 友香理

最近のマイブーム 2018年3月更新

2018年3月16日

こんにちは。京都市北区にある動物病院京都、動物看護師の大橋 真美です。

当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

また、本院から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院があります。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

さて、タイトルにもあるように今、大橋にはマイブームがあります!!
それは、ねこちゃん用のかぶりものを集めることです。

最近、ガチャガチャでねこちゃんのかぶりものをよく目にするので、
見つけた時は必ず1回するようにしています(^o^)



それでは、かぶりものファッションショーのスタートです。


獣医師谷田の家のきゅーちゃん♪


愛しのセルキスちゃん(*^^*)

 

最後に、、、、


今にも、「ほんまになんなんこれ・・・怒るで?」
という声が聞こえてきそうな、にまめちゃん。

新しいかぶりものを手に入れたら、随時更新して参ります!

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護師 大橋真美

まいちゃん大橋家にお泊り 2017年年末編

2018年3月16日

こんにちは。京都市北区にある動物病院京都、動物看護師の大橋 真美です。

当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

また、本院から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院があります。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

皆さん!お久しぶりな更新になってしまいました。
2018年を迎え、早3か月・・・。時間が過ぎるのは早いものです。
今の季節、インフルエンザや風邪が流行っていますので、
うがい手洗いしっかり心がけましょう(*^_^*)
ちなみに大橋は絶賛風邪ひき中です・・・。笑

話は去年の年末までさかのぼります。なかなか更新できず、すみません(-_-;)
毎年恒例!まいちゃんのお泊り保育です。

12月30日から1月2日までの4日間、お泊りに来ました。
何度かお泊りに来ているので、初日からくつろぎモード。



もはや第2の家といった感じでした。
寒がりのまいちゃんのために、ねこ用のお布団をネットで購入☆

気に入ってくれたのか、ベットの中で爆睡中(*^_^*)


気に入ってくれてなによりです♪



キャットタワーの上でぱしゃり☆



こたつの中でぱしゃり☆



ケージの中でぱしゃり☆

またお泊りおいでね~(*^。^*)

動物病院 京都
ねこの病院
動物看護師 大橋真美

薬浴について 2017年9月

2017年9月5日

こんにちは。
京都市北区にある動物病院京都 併設トリミングサロンひまわり
トリマー兼看護師の三上 瑠子です。

当サロンは、北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面しています。
目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

最近は湿気も多く暑い日が続いていますね。
そのせいで、この時期は特に耳や皮膚が悪くなる時期でもあります。
悪い状態のまま放っておくと、

耳・皮膚が悪い → 痒い → 掻く・舐める → 状態が悪化 → 痒い

っという負のサイクルができてしまいます。

では、そうなった場合はどうしたらいいか?
もちろん ”お薬を使う” ということも選択肢です。
ですが、痒みの原因になっているものを
”物理的に洗い流す” ということもとっても大事になります。

皮膚病にとって、シャンプーなどを使用した薬浴は日常的なケアの中でも、重要な役割をになっている上、ステロイドや抗生剤といった薬剤ではないので、身体にやさしくお困りの皮膚病を治すことができる可能性の高い治療法です。

特に、当院のトリミングおよび薬浴では、関西では初のカーボンセラオンパーという、他のトリミングなどでは絶対に設置されていない効果の高い、人間にも使用され、厚生労働省にも認可されている超音波発生かつ対流装置付きの高濃度炭酸泉があり、それを使用すると、いままで毛が生えてこなかった子たちが生えたり、皮膚病がよくならなかったのが治ったりとかなり効果的な機械を設置しています。

日常的に使用していますが、まだご体験されていない方は、当院獣医師、看護師、トリマーにお問い合わせください

動物病院 京都
トリマー・動物看護師
三上 瑠子

 

まいちゃん大橋家にお泊り☆ 2017年8月

2017年8月27日

こんにちは。京都市北区にある動物病院京都、動物看護師の大橋 真美です。

当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

また去年から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院を開院しました。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

気づけば8月も後半にさしかかっています。
外にあまり出たくないので夏らしいことはできていませんが、
ここ最近休みの日のお昼ごはんが毎回といっていいほどそうめんなので、
夏なんだなぁ~と実感します。笑

さて、お盆にまいちゃんが大橋家にお泊りに来ました!!
お盆の時期、たいへんペットホテルが込み合います。
少しでも多くの飼い主様にペットホテルをご利用していただけるようまいちゃんは
度々スタッフの家にお泊りに出かけます。
今回は大橋家!去年にもお泊りに来たことがあるので、少し家には慣れているご様子。
にまめは、まいちゃんが家に来た!!!と大興奮。



ねぇねぇまいちゃんまいちゃん!!


ねぇねぇまいちゃん!なんでうちにいるの??
と少々しつこいめにまいちゃんにアピール。
まいちゃん、はじめは、しつこいなぁ!と少し うーとうなっていましたが、
やっぱり二人は仲良しでした。すぐに和解(*^_^*)


にまめ用のおもちゃやおやつに興味津々。







場所が変わっても、常にぐるぐる。お手手をふみふみしていました(^O^)

 

お昼は同じベットの上で、布団に包まれながら爆睡のまいちゃんを激写☆


まいちゃんまたお泊り来てね~~(^O^)

動物病院 京都
ねこの病院
動物看護士 大橋真美

 

当院 ペットホテル「ゆらり」での わんちゃん達 元気いっぱい♡2017年6月

2017年8月4日

こんにちは。京都市北区にある動物病院京都、動物看護師の大橋 真美です。
6月にお泊まりに来てくれていたわんちゃんをご紹介しようと思いブログを書いたものの
アップが遅くなり8月に・・・(*_*;
少し内容が時季外れかもしれませんが、ご容赦くださいm(__)m

当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

また去年から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院を開院しました。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp/

最近よくバイク通勤でカッパを着ているのですが、
長く使いすぎて撥水効果が全くなくなり、病院につく頃にはびちょびちょになってしまう
という事件が発生しました。
そろそろ新しいカッパを買わないといけないなぁと思う、今日このごろ・・・。

本日ホテルに来てくれているわんちゃんをご紹介します(*^^*)
ダックスのチャッピーくん♡♡


チャッピーくんは去年、リンパ腫という大きい病気にかかってしまい、

手術と半年にも及ぶ抗がん剤を毎週、頑張ってくれたので、今ではこんなに元気☆

なんと!!お父さんとお母さん、チャッピーくんと3人で
毎月旅行に出かけているのだそう。
先日、診察に来られた際は、「今から滋賀県へ行ってきま~す!!」
と、おっしゃっていました(*^^*)


ここは診察室!床のにおいをかぎますよ~~


お!吉田先生発見!遊びたいけど、カメラが気になる(@_@;)

チャッピーくんがお泊りに来るたびに、大橋が楽しみにしているのが、
チャッピーくんのご飯♡♡
毎食、お母さんの手作りで、今日の晩御飯はこんなに豪華な盛り合わせ(゚∀゚)


チャッピーくんのご飯を見るたびに、お腹が、ぐーぐー音を立てます!!!




わたしが狙っていたお肉を一目散に食べる、チャッピーくんでした。

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護士 大橋真美

 

当院 ペットホテル「ゆらり」での わんちゃん達 はじめてのお泊り 2017年6月

2017年6月25日

こんにちは。京都市北区にある動物病院京都、動物看護師の大橋 真美です。

当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

また去年から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院を開院しました。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

最近、雨が降ったり、やんだり・・・じめじめした日が続きますね(T_T)

さてこの週末にも沢山のわんちゃんたちがお泊りに来てくれました!

まずお一方め!柴犬さんのちまきくんです。
ちまきくんは今回当院でのはじめてほホテルです☆
はじめてらしからぬ貫禄で、お部屋ではスヤスヤ(-_-)zzz

散歩とご飯の時間になると、ムクッと起きて猛アピール☆
ちなみにご飯は3秒で完食です\(^o^)/


ちまきくんも病院内を散策~(^^)

ここはいつもフィラリア・ノミ・ダニ予防で毎月来ているから知っているよ!
っとちまきくん自ら案内をしてくれました(^^)


先生はっけん☆遊んで遊んで~☆



テンションが高すぎて、写真はブレブレです( ;∀;)

おっと?この体勢は、もしや・・・・

やっぱり先生がササミを持っていました(^^)

ササミのためならこんなこともしちゃいますよ~

ササミをもらえて満円の笑みです!!

お泊りはあとすこしあるけど、頑張ろうね(*^^*)

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護師 大橋真美

当院 ペットホテル「ゆらり」での わんちゃん達 はじめてのお泊り✩2017年6月

2017年6月24日

こんにちは。京都市北区にある動物病院京都、動物看護師の大橋 真美です。

当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

また去年から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院を開院しました。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

続きまして、当院で初めてのお泊りのダックスのシェリーちゃんです。
シェリーちゃんは病院内にとても興味があったのか隅々まで病院を散策!


少し暗いですが、ここはオペ室✩この日はオペはないですが、エコー検査の真っ最中。
エコー画面を見ながら、先生の解説を聞いてます✩

なんだか難しい話になってきたので、僕は退散しますね~


お!吉田先生発見!ちょっとお腹を撫でてくださ~い(^o^)と猛アピール✩





もちろん!待合室も散策は欠かせません(^o^)



誰もいない待合室はなんだか新鮮だなぁ~としっぽをプリプリ!



トリミング室では、専門学校から来た実習生が実習中✩
シェリーちゃんは実習生に、がんばれ~とエールを送っていました(*´∀`*)

今日は遊び疲れたと思うのでおうちではゆっくり休んでね♡♡

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護師 大橋真美

当院 ペットホテル「ゆらり」での わんちゃん達 第二の我が家 2017年6月

2017年6月24日

こんにちは。京都市北区にある動物病院京都、看護師の大橋 真美です。

当院は、獣医師7名で年中無休で診察しております。北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面した動物病院です。西大路一条の東北角、今出川西大路の南東にあります。目の前にはフレスコ、京都銀行白梅町支店があります。

また去年から東へ1kmのところに動物病院 京都 ねこの病院を開院しました。
ねこの病院HP
http://neko-kyoto.jp

さて2017年も6月に入り、折り返し地点となってまいりました。
もう梅雨の時期だというのに、梅雨らしくないなんだか変な気候ですね。
気温の変化には十分ご注意ください。

只今、ホテル真っ最中のわんちゃん達をご紹介します。
まずお一人目・・・
ペキニーズ×ダックスのミックス犬 レナちゃん♡♡
レナちゃんは当院から家が近いのもあって、よくホテルに来てくれます♡
もうレナちゃん的には、第二の我が家のような感覚なのか、病院についた途端、
すたこらさっさーっと自分の部屋に入っていきました(;´∀`)

ホテル中もしっかり体調を見るために、来院したらまず体重チェック✩
体重チェックも慣れっこで、診察台の上でもこの通り!


体重が少し増えていたのは、内緒のお話・・・(笑)
体重測定が終わると、次は病院の散策✩


わたしがいない間に、異常はなかったかな???


ここに私のご飯が入っているの知ってるの!



レナちゃん必殺、ササミをくださ~~いの甘え顔♡♡
スタッフ達はみんなこの顔に負けて、ついついササミをあげてしまいます(*´∀`*)



食べ物大好きなレナちゃんでした♡♡

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護師 大橋真美

午後の診察についてのご案内

2017年6月23日

こんにちは。京都市北区北野白梅町にある動物病院京都及び、上京区ねこの病院の動物看護師、山脇友香理です。
ここ最近日中はかなり暑くなる日が増えてきましたね。
その反面、夜は寒かったり・・・
寒暖差で体調など崩されていませんでしょうか。

今日はここ最近の午後診察の込み状況をお伝えさせていただきます。
当院では午後は16:00~20:00で診察受付を行っております。
ここ最近の傾向として、涼しくなってくる19時以降の診察時間帯が混み合うことが多いです。待ち時間が長くなってしまいご迷惑をおかけしております。
その反面、比較的17時台の診察時間帯が空いていることが多いです。
※あくまでも、傾向ですのでその日の状況によっては17時台でも混み合っている場合もございますのでご了承ください。

動物病院京都
ねこの病院
動物看護師 山脇 友香理

 

 

投薬の仕方 ② 液体薬編

2017年4月16日

こんにちは。 京都市北区にある動物病院 京都 動物看護士の大橋 真美です。
当院は、京都市北区、右京区、上京区の区境の西大路通り沿いにあります。

さて、みなさまお待たせしました。 前回、錠剤の投薬の仕方をご紹介いたしましたが、今回は液体薬の投薬の 仕方をご紹介いたします。 液体は錠剤と比べると、 全量入ったかわからない。苦い薬だと泡がぶくぶくになってしまう、など デメリットがありますが、錠剤よりかは比較的楽に投薬することができます。 まずお薬を準備します。 犬歯の後ろに少し隙間があるのでそこに注射器の先端をいれる。

お薬の量が多い場合、勢いよくいれてしまうと誤嚥する可能性があります。 ゆっくりといれてあげてください。 苦いお薬の場合、泡がぶくぶくになる可能性がありますが、 その時はおい水を足してあげるか、そっとしておいてください。 上手に飲めたら、褒めてあげましょう! 以上、大橋の投薬講座でした。 ほかにもなにかリクエストがあればお気軽にお声掛けください。

動物病院 京都 動物看護士 大橋真美

寒い日が続きますね

2017年2月3日

ねこの病院HPは
http://neko-kyoto.jp/

こんにちは、動物病院京都 ねこの病院 看護師の井上智映子です。
寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日は雪が積もり真っ白な京都でしたね。
ここ数日やっと雪も解けてきた頃ですが、まだまだ寒波が長引くみたいです。

これだけ寒いとこたつやストーブの前から離れたくなくなりますね。
最近、看板ねこのまいちゃんを見かけないな~?と思われている方もいらっしゃると思います。
実はまいちゃん、ねこの病院開院してからはねこの病院の看板ねことして活躍しております(^^♪
今日はそんなまいちゃんの様子を皆様にお伝えしますね!!
ねこの病院ではまいちゃんも、湯たんぽを入れるとずっと湯たんぽの上に座ったまま動かなくなります。

湯たんぽオンまいちゃん

 

のびのびまいちゃん

外から見ると、奥側のキャットウォークにいることが多いです(*^^*)

どうしてここに居ることが多いのかな?と気になってふたを開けてみてびっくり!
なんと、ここの空間がほかの場所に比べて温かいのです。

まいちゃん、上手に温かい場所を見つけていたんですね。

 

実はまいちゃん、湯たんぽがよっぽど気に入りすぎたのか、湯たんぽを2つも壊してしまいました。
今は動物用の硬さのある湯たんぽを使っています。

人用の柔らかい湯たんぽは、ねこさんの爪や牙が簡単にすっと通ってしまいます。
気持ちがいいだろう、と柔らかい湯たんぽを使っているといつの間にか穴が開いているなんてことがありますので、
動物さんの癖や状態に応じて上手に使っていきましょう。

また、温めすぎや、低温やけどの恐れにもご注意くださいね。

お腹やお顔など、よくストーブや湯たんぽが当たるところは、皮膚のトラブルがないか、飼い主さんもこまめにチェックをお願いします。

 

人間も動物さんも、寒い冬を温かくして乗り越えていきましょう(*^ヮ^*)

ねこの病院HP↓↓
http://www.neko-kyoto.jp

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護師 井上智映子

大雪の京都 2017年1月

2017年1月19日

こんにちは。
京都市北区にある動物病院 京都 動物看護士の大橋 真美です。
当院は、京都市北区、右京区、上京区の区境の西大路通り沿いにあります。

近くの方は、イズミヤやフレスコがございますので、場所などを把握していただいている方が多いかと思いますが、他地区からご来院の方は、北野白梅町駅を目印にご来院いただければ幸いです。

当院では、複数のコインパーキングと提携しております。一番近いコインパーキングは、当院北側にあるドラックストア敷地内のコインパーキングです。1時間無料チケットをお渡ししているので、受付でお申し付けください。

さて、最近は大寒波の影響で大雪がふりましたね!!わたしは、京都生まれ京都育ちなのでここまでの雪が降ることは少なく、京都での雪は風情があって、しんしんと雪降る中、京町屋の街並みはきれいだなあと思う反面、バイクで通勤ができなくなるので、少し憂鬱な気分です・・・。
実は、土曜日バイクで帰宅中、こけてしまい、愛猫にまめをつれていたので、なくなく愛バイクを病院に置き去りにする羽目になりました(´;ω;`)

わたしが飼っているわんこは、雪が降ると大はしゃぎで雪の中を駆け回ります。
写真は去年のものですが、はしゃぎすぎてリードを持っている私を振り払い、猛ダッシュするほど雪の中を楽しんでいました(*´∀`)

愛猫のにまめは、布団の中から出てきませんでした(´;ω;`)
いつも家に帰ると、おかえり~とお出迎えがあるのですが、雪が降った2,3日はお出迎えがなく、逆に私がにまめを探し出して、ただいま~と言うという、少し寂しい感じになってしまいました・・・。笑

大変冷え込んでおりますので、体調の変化には十分お気をつけ下さい。
道も凍っている場合もありますので、足元にもご注意ください(*^^*)

動物病院 京都
動物看護師 大橋真美

最後になりました(^^♪

2017年1月8日

3人目は、シェルティーのフ―ちゃんです。
フーちゃんも少し緊張ぎみな面持ち(;´・ω・)
診察室で遊んであげると・・・

ここはどこですか?と周りをきょろきょろ・・・・

ここが診察室だとわかると緊張がほぐれたのか、
お手とおかわりを披露してくれました(`・ω・´)ゞ
仕方ないからしてあげるよ!とすこしツンデレなご様子♡

こんなにアップの写真も撮れました(^_-)-☆
このあともフーちゃんは診察室巡りを楽しんでいらっしゃいました。

みんなもう少しホテルは続くけれど、頑張ろうね!
中にはホテル後に体調を崩される方もいらっしゃいますので、
お家に帰られてからもよくご様子みてあげてください。

動物病院 京都
動物看護士 大橋真美

続きまして・・・

2017年1月8日

つづきまして・・・
ダックス×プードルのひめちゃんです。

いつも元気なひめちゃんですが、最初はすこし緊張していました。
でも遊ぼう!と診察室に連れて行くと・・・

やっぱりひめちゃんはひめちゃんでした(^◇^)笑

写真を撮ろうとしてもブレブレで撮れません(;´・ω・)
全速力で診察室を駆け回っています。

吉田先生にお腹を撫でてもらう、少し得意げ(^_-)-☆

今日はいっぱい遊んだから少し疲れたかな?
お部屋では、ぐっすり寝ていらっしゃいました(`・ω・´)ゞ

やっぱりひめちゃんは元気でなくちゃね(^_-)-☆

動物病院 京都
動物看護士 大橋真美

ホテル満喫中(^◇^)

2017年1月8日

こんにちは。動物病院 京都、看護師の大橋真美です。
あけましておめでとうございます。
今年のお正月は、比較的寒さもましで外にでかけやすい感じではありましたが、
大橋は引きこもりでした(´;ω;`)
寒さはマシではありますが、まだまだ消化器症状で来院される患者様が、
たくさんいらっしゃいますのでお気をつけください。

年末年始のバタつきもおさまり、やっとブログの更新ができました(^_-)-☆
いまホテル中のみんなをご紹介します。

スコティッシュフォールドの八雲くんです(^◇^)
ホテルは2回目!慣れたご様子で、お部屋を徘徊・・・

いつもご機嫌な八雲くんは必ずスリスリして、体全体で喜びを表現してくれます!
ブラッシングも慣れたご様子で、
スリスリ気持ちいいな~♪

(=^・^=)<ちょっとしつこいのでやめていただけますか・・?

こんなにたくさん抜けました( *´艸`)

また遊びにおいでね~(^^♪

動物病院 京都
動物看護士 大橋真美

2016年も最後になりました。2016年12月

2016年12月31日

ねこの病院 HP
http://www.neko-kyoto.jp/

こんにちは。
動物病院 京都(京都市北区・上京区・右京区境に位置)
および ねこの病院(京都市上京区)動物看護師の井上智映子です。

カメラが好きで、最近はよくおいちゃんとまいちゃんの写真を撮っています。
個人的な今年最後のベストショットは、おいちゃんの美人顔ですヽ(*・ヮ・*)ノ

 2016年最後のベストショット

 

2016年も本日が最後になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
動物病院 京都 ねこの病院では初めての年末年始のペットホテルとなりましたが、今年は満室となりました。
ご利用まことにありがとうございます。

ホテルにいるねこさんも、静かな環境を気に入ってくれたのか
ゴロゴロ喉を鳴らしながら、部屋で寝転がってくれるねこさんがたくさんいらっしゃいました(^^*)

また、忙しくなる年末にも関わらず、
たくさんの方がまいちゃんに会いに来てくれました。
寒い中わざわざ足を止めてまいちゃんに手を振ってくださったり、挨拶をしてくださった皆様ありがとうございます。
これを機会に、ねこの病院をもっと身近に感じていただけると幸いです。

 

のんびりなお正月を迎えられる方や、お忙しいお正月を迎えられる方もいらっしゃると思いますが
寒い日が続きますので、体調を崩されないようお気を付けください。
動物さんとご家族の健やかな良い1年をサポートできますよう、スタッフ一同これからも精進致します。
2017年も動物病院 京都 ねこの病院をよろしくお願い致します。

 

動物病院 京都は

1月1日(元旦)
9:00-12:00 午後休診

1月2日(月)
9:00-12:00 午後休診

1月3日(火)
9:00-12:00 午後休診

1月4日(水)
9:00-12:00 午後休診

1月5日(木)以降は通常通り診察しております。
<9:00-12:00 16:00-20:00>

ペットホテルのお迎え、お預かりは17時まで受付しております。
なお、12時以降の診察の場合、時間外診療がかかります。予めご了承ください。

動物病院 京都 電話番号:075-465-3330

 

ねこの病院は1月5日(木)まで休診しております。
年始は1月6日(金)より診察開始致します。

動物病院  京都  ねこの病院 電話番号:075-464-0222

 

動物病院 京都 ねこの病院
動物看護師 井上智映子