耳のトラブル 2017年4月更新

こんにちは。
京都市北区にある動物病院 京都 獣医師の 吉田昌平です。

ようやく桜も咲き 春らしい季節がやってきました
(今年の冬は長かったですね・・・)

当院は、京都市北区、右京区、上京区の区境の西大路通り沿いにあります。
また、最近では、上京区に新たに、ねこ専門病院である、動物病院 京都 ねこの病院を開院いたしました。

さて、本題ですが、
耳を振る、痒がる、耳垢が多いなど このような症状はありませんか?
当院では、耳のチェックとして耳垢の検査を実施しています。

・マラセチアと呼ばれる真菌(カビ)の一種 (実は、マラセチア自身は常在菌のため、それ自身が悪いというわけではないのですが・・・)

・球菌や短桿菌といった細菌

・耳ダニの成虫や虫卵 (生きた成虫が見える場合は、顕微鏡でみるとはっきりとその動く様子が見える・・・ため、見るのが苦手な方にはお見せしないようにしています)

などが顕微鏡のモニターに映し出されるため、視覚的に耳の環境を確認することができます。原因に応じて、耳の洗浄や、点耳薬、駆虫薬などを処方しています。

しかし
・外耳炎と診断されたが、なかなか治らない
・点耳薬をさすと一旦は良くなるが、また悪化してを繰り返す

このような場合は、通常の外耳炎ではなく、鼓膜付近や、さらにその奥(中耳や内耳)に問題がある可能性があります。

当院では去年から 耳の内視鏡(オトスコープ)を導入しており、
これで耳の中を見れば、ここまで耳の奥がハッキリと見えます!!

詳しくは次回のブログを確認ください。

現在、モニターを募集しており、通常検査代3,000円のところ、1,000円で承っております。(ただし、鎮静が必要な場合は別途、鎮静料がかかってきます。)

先着10名様とさせて頂いているため、早めに獣医師またはスタッフに声をおかけください。

動物病院 京都
獣医師 吉田昌平