TV出演のお話 2017年2月更新

こんにちは。
京都市北区にある動物病院 京都 および京都市上京区 ねこの病院 院長の園田 祐三です。
動物病院 京都 本院は、京都市北区、右京区、上京区の区境の西大路通り沿いにあります。近くには北野白梅町駅、イズミヤさん、フレスコさん、ドラックひかりさんがあります。

前回のブログでは、自分のスケジュールについて書くという、なんとも面白くないブログでした。また前回の書きなぐりブログを読まれた飼い主様に、先生疲れているねと言われ、もっと面白いブログを書かねばと、思っている今日このごろです。

病院に顔を出せていないことも多くなってきてしまっているのですが、決して遊んでいるわけではないことを知ってもらいたかっただけなんですが、おしつけがましいですね。獣医師は日々勉強。常に新しい検査法、治療法などをアップデートして、自分の場合はそれを獣医師に教育し、また飼い主様に提供することが使命だと思っています。そんな中で、このブログをいま、月1回行っている埼玉県の皮膚科実習帰りの新幹線の中で書いています。

さて、今更ながらですが、TV出演をしたことがあります。
たしか、2014年の夏だったと思いますが、突然病院に電話がかかってきて、近くの方から依頼があって、猫の爪切りなのですが、いい方法ありませんかと突然言われました。猫を飼ってはる方には馴染みのやり方ですが、タオルや洗濯ネットを使ってみたらと電話にてお伝えしたところ、それはいいということでそれでやってみますということで電話を切られました。ABCの制作の方だったと思いますが、開業して間もないということもあり、取材に似せた営業かなと最初は思っていました。しばらく音沙汰はなかったのですが、突然また電話かかってきて、
「先生、探偵ナイトスクープの撮影でそれが、明日あるのですが、現地に来てもらえませんか??」
ということでした。
「探偵ナイトスクープ」??関東ではまったく有名ではないのですが、関西では知らない人がいないというくらいのマンモス番組の??
ちょっとびっくりしました。またその当時の看護師とまだ騙されているんじゃないかとか色々言いながら、疑心暗鬼になりながら、それでも 明日というのが たしか日曜日で、17時まで診察はあるけどそれ以降ならいけるよと話をして切りました。
専門家として、ちょっとアドバイスするくらいだろうと思って実際に赴いてみると、1日中、ねこちゃんとねこの爪切りについて、悪戦苦闘した上での自分の登場で、本来の目的である飼い主様に猫の爪切りをしてもらうという目的をうまく果たせずに、しかも結構がっつり自分の出番があって、TVって大変だなという印象でした。
みなさんが気にする人もいないかもしれませんが、気になるところ、ギャラとかどうなの??っていうと、ぶっちゃけ、ノーギャラです笑。交通費払いますよと言われましたが、車で10分位の距離だったので断りました。
そのときの探偵さんが、松村邦洋さんだったので、一緒に写真撮影してもらったのがいい思い出ですね。

探偵ナイトスクープの影響は予想以上に強く、同期の獣医師や、先輩の先生などにもこないだ見たでといじられる始末。幸いにして、当院にいま勤務している獣医師 坂口も自分が京都で開業していることを、探偵ナイトスクープを見ることで知ったということで、それをきっかけにうちに来てくれたということもありました。

さて、続いての出演は、
京都市上京区にできた、動物病院 京都 ねこの病院についてでした。
2016年11月25日に ねこの病院は開業しましたが、強化ガラスで作った外から見えるキャットウォークや、京都府および京都市初のねこの病院ということもあり、2件のTV出演がありました。
1件目は、京都の地元のKBSです。昼間の?番組である「おやかまっさん」という番組で、京都初のねこの病院として、紹介されました。このときも、そんなに綿密な連絡を取り合うわけでもなく、カメラクルー兼取材の方とお話をして、それが放映されるという感じでした。
もちろんノーギャラです笑自分としても、できたばかりの動物病院を紹介していただけるのはありがたかったですしね。
それをみた飼い主様からは、先生結構緊張してたなとか、案外普通やったなとか色々感想をいただきました。当の本人は、ぶっちゃけそんなに緊張してませんでした。ただ面白みにかけるなんとも優等生的な立ち振舞でいこうとおもっていたのが、そのまま出てしまった感じでしたね。

2件目は、これもABCさん?夕方 18時の「キャスト」という番組で、いまの関西での野良猫などのあり方などについての議題のなかで、関西でも本格的なねこ専門病院 院長として、意見をするという感じでした。
ちょい出かなと思いましたが、意外にがっつり、しかも番組が始まってすぐ出たので、びっくりでした。
さすがに、ABCさんなので、他の関西の獣医さんにもまたも見たでと突っ込まれましたね。また以前勤めていた動物病院の馴染みの動物看護師さんから、久しぶりにLINEがきて、「先生 みたで TVつけたら突然でてきたからびっくりしたわ」といわれ、みんなにまだ自分が元気にしていることを伝えられてよかったかなと思っています笑
また、くどいようですが、これについてもノーギャラです笑
先程もお伝えしましたが、開業したばかりの動物病院の名前を出してもらえるのでそれだけでもありがたいですね。

TV出演ではないですが、来週には、獣医師むけの経営セミナーで、講師として講演することになっています。

動物病院という医療に関わる企業であるとはいえ、あくまで一企業です。経営がうまくいかなければ、結果としてそこに来ていただいている飼い主様や携わっているスタッフ、あるいは業者の方にも迷惑をかけることになります。よりよく適切な診察を提供するためにも動物病院も企業として、きちんと経営していかなければなりません。そのため自分はまだ開業してまだ5年目の動物病院とはいえ、お伝えできることを獣医師の先生を前に伝えていこうと思っています。

実をいうと、その講演のパワーポイントがまだ準備途中で、追い込みで作っています。新幹線ではこういったブログとともに、パワーポイントなども集中して作れるので、移動時間もありがたいと思っています。

もしかしたら、これからもTV出演があるかもしれません。
あまり表立って、これに出演したよっていうのを院内掲示などでアピールすることはこれからもないと思いますが、<定期的にご来院のある方には、お恥ずかしながら事前にお伝えしたりしています>ふとTVを見て自分が出ていたら、笑ってやってください。
また、今後のためにこれが良かったこれがだめだったとか、ご意見もゆっていただければ幸いです。

動物病院 京都
院長 園田 祐三