院長の足跡 2018年2月編①

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

最近バタバタしていて、ブログの更新がなかなかできずにいました。
いつも1ヶ月に1回は最低更新しようと気合を入れるのですが、いつのまにかいつも半年くらい経っていて、自分のブログは誰も読んでいないだろうと思いきや、いつも自分が診ている飼い主様から、最近更新していないなあとお伝えあることもあり、恐縮しています。

当院では、獣医師が自分を含めて計7名在籍しています。7名いるおかげで、年中無休365日、GWや年末年始を含めて、京都の皆様に診療をお届けできているので、当院にご来院頂いている飼い主様にはもちろん、当院で働いてくれているスタッフにも感謝の気持ちでいっぱいです。
また、自分も週何回か夜勤をして、夜まで診療に入り浸っているのですが、京都市内、特に京都駅より北側での夜間診療も、365日週7日24時まで実施できていることも、夜間で急な体調不良などといったときに、お困りの飼い主様を少しでも早く手当てすることができているかなと思っています。
さて、当院の獣医師7名の出身大学は様々で、北は北海道、南は宮崎と全国津々浦々です。大学は、全国的ですが、出身またはゆかりは、京都であることも多いのですが。
よく京都で動物病院を開業した理由を聞かれる事が多いのですが、自分の父の出身地が錦であること含め、親戚がもともと京都に多いということが最大の理由です。また、自分はよく話題にも出しているのですが、インドネシアの帰国子女(笑)、
0-3歳 インドネシア ジャカルタ
3-5歳 大阪?(母の実家が堺)
5-19歳 横浜・東京(世田谷の聖ドミニコ学園、池尻大橋 駒場東邦中高等学校、
さらに少しだけ慶應義塾大学にも行ってました)
20-26歳 大阪(大阪府立大学 獣医学科 母の実家から少し通う)
27-30歳 京都 宇治(父の実家から少し通っていた)
30-38歳 現在 北野白梅町 在住

積算してみると、インドネシア3年 関東15年 関西20年と関西の方が長いにもかかわらず、こてこての関西弁には全然ならず、関西が長いにもかかわらず(2回目!)自分のしゃべる関西弁はおかしいと言われる有様。
なんでやねんとつっこめば、イントネーションが違うなどと言われ、逆に標準語を使っていると、なんで関東弁やねんと突っ込まれることもしばしば。どっちをしゃべればいいのやら。

さて、前置きが長くなりましたが、自分の生活をつらつらとさらけ出します。
今書いているのは、3月の東京帰りの新幹線の中ですが、(最近体調不良が続き、体調も精神も参っています。)2月の予定の一部を振り返ってみたいと思います。

2月
12日 祝日 朝から診療で、この日は夜間診療もある日
祝日のため、午前中は9-12時 午後は14-17時まで診察をして、夜間診療が20-24時を診察する。この日は幸いなことに夜間診療も多くなく、当日は宿直室にて睡眠をとる
13日 火曜 夜勤明け。朝イチで不動産屋さんとの会議。その後ジム、ストレッチにいき、夜22時から友人の動物病院にてセミナーに参加し、終わったのが26時くらい‥(一応繰り返しときますが、この日は夜勤明けです。さらに、下にも書きますが、次の日朝イチの新幹線のため(泣))帰宅後4時に就寝泣
14日 水曜 東京の府中の動物病院(動物救急センター)見学のため、6時起き(2時間しか寝れてないぃ)京都AM7時発の新幹線で、東京へ。そのまま夜まで動物救急診療を見学、夜に呼吸器の先生と会食し、その日は東京泊。(この時点で、体力が底をつきかけ‥)
15日 木曜 午前中のフライトで、リクルートのため北海道へ。北海道に少しだけ早く着いたため、大学の近くの回転寿司で、北海道の美味しい寿司を食べる。自分はあまりやらないが、たまたまご一緒した獣医師の先生と一緒に撮った写真のFacebookタグ付けで、回転寿司屋で撮ったため、Facebook見た別の先生に「先生、北海道楽しそうだね」と言われるも、これまでの経緯を説明するのも面倒くさくLINEで笑顔を返信笑。美味しいものをたべ、底を付いていた体力が僅かながら回復する。
そのままリクルートのため、大学へ直行し、学生たちに当院の説明をして、リクルートを終える。その後、仲良くさせて頂いている全国のデキル先生方と北海道のジンギスカンを食し、さらに少し体力が回復する。北海道泊。ホテルに帰り、PCにて事務仕事して26時ころ就寝。
16日 金曜 昼のフライトで京都に帰り、夕方より、懇意にさせていただいている不動産屋さんで、セミナーに参加。終了次第、ジムに向かう。どこまで自分を追い込むのだろうか。久しぶりの京都泊。
17日 土曜 この日は、普通に 当院にて 午前9-12時 昼 手術 午後 16:30-19:30診察 夜間診療として20時から24時 診察する この日の夜間診療でも発作や緊急オペなどはなく、診察をして宿直室泊。しかし、今日の夜勤はまだ終わらない!!
3時半頃(夜勤中はいつも4-5時まで起きているので起きていた)、いつも自分がよく診察させてもらっているトイプードルさんから電話で、下痢嘔吐がひどいということで、診察することに!!夜中は夜間診療の時間外なので診察できないこともありますが、お近くということもあり、診察。終了したのが、6時くらい。2時間ほど仮眠をとる。

18日 日曜 2時間の仮眠ののち、もとより入っていた外部の企業さんとの会議が10時から始まる。外部の企業さんなのでしゃきっと気合だけ入れながら、会議を済ませ、昼過ぎに病院を出て、から元気のままストレッチに向かう。夜は、会食をしてまた久しぶりの?わが家へ。

勢いそのままに3週目突入!
と思いきや、長くなったので次号で会いましょう。。。
(薄々自分でも気づいていたのですが、自分の家にほとんど居ない・・1週間で数えても10時間とか・・こんな自分の生活を理解してくれる伴侶はいるのだろうか。いまはまだ若い(若いといってもすでにアラフォー)ので仕事優先でしょうがないと自分で言い聞かせながらの毎日。。。)