祇園祭神輿参加しました!!2014年7月21日

こんにちは。

動物病院 京都 院長の園田祐三です。

7月17日に祇園祭神輿渡御に参加致しました。

担ぎ手として、当院から 獣医師 坂口 および 検査技師 吉田 が

参加致しました。

院長 園田 含め、チーフ看護師の 山脇、 トリマー兼看護師の 三上、今年から当院に仲間入りした、大橋、川端の5名で応援に行ってきました。

18時ころより八坂神社を出発し、祇園周辺を練り歩き、三条木屋町 河原町松原などをへて四条の御旅所へ安座されます。

すべての行程が終わるのが11時前と、結構過酷な感じです。

しかも、祇園祭の神輿は、かなり重く2tくらいあるという話も聞きます。

自分は、一昨年に参加させて頂いたのですが、そのときもかなりのハードワークでした。

今年は、看護師やトリマー達とともに、当院の男スタッフの勇姿を、ひたすら追い続けましたが、それを追い続けるだけでも、かなり疲労感がありました。

それだけに、参加していた2人はかなり疲労感があったに違いありません。

しかし、自分より若いからか笑、後日談としては、かなり充実感があり、楽しかったとのことでした。

自分の親戚が、錦湯という銭湯をやっており、それのツテで参加させて頂いていますが、来年は、自分が鉾を引く役をやらせて頂こうかなと思っております。

祇園祭の渡御参加など伝統行事参加のため、今後も休診などのご迷惑をお掛けするかもしれませんが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

さて、最近は非常に、消化器(下痢・嘔吐・食欲不振など)の症状が多くなっています。

特に、空調関係、温度湿度には非常に注意をして、過ごさせてあげましょう。

3,4歳くらいまでの若い子で、1,2回下痢するくらいでは、それが継続性がなければほとんどの場合、しばらくすると落ち着くでしょう。

しかし、5歳以上の場合や、もしくは若くても何日も 下痢や嘔吐、また食欲不振が続く場合には、細菌性腸炎などになっているか、何か大きい病気が隠れている場合もありますので、ご受診されることをおすすめ致します。

動物病院 京都

院長 園田 祐三