大橋家の家族紹介(^O^)/ 2016年2月

こんにちわ。
動物病院 京都 動物看護師の 大橋 真美です。
 先日、耳鼻科でアレルギー検査をしたらスギ花粉アレルギーと犬アレルギーが陽性でした・・・。
アレルギーと発覚した途端、鼻が余計痒くなったような気がしています・・・汗。
(院長注:ヒトでのIgE検査も、アレルギー・アトピーのあくまで1つの指標にすぎないので、すごく当てになるとは限りません。お医者さんで同じような検査をされた飼い主さまもいらっしゃると思いますが、重大に気をつけなければならないときもありますが、犬アレルギー出たからといって、ワンちゃんに触れなくなることはあまりなく、深く考えなくていいときもあります。)
またまたブログ登場です\(^o^)/

獣医師の谷田が、家の猫ちゃんの紹介をしてらしたので、真似をして大橋家のちびっ子たちを紹介します。

まずはこの方。長女の大橋ラボちゃん。女の子です。
ミニチュア・シュナウザーという犬種で今年で16歳になるおばあちゃん。

こんなに元気そうなラボちゃんですが、去年の夏頃、子宮蓄膿症という病気になり、
生死を彷徨うことになりました。
子宮蓄膿症は、避妊手術をすることで、事前に防げる病気です。当院で働く前は、まだ無知で避妊手術をしていなかったのですが、こんなお年でなってしまいました・・・汗。
みなさん、避妊手術をして、予防してあげましょう。
年齢的にもだいぶ痴呆気味になってきてリビングをうろうろ狭いところに入っては、抜け出せず、吠えたりしていますが今ではとっても元気(*^^*)

続いては、この方、次女の華ちゃん。女の子。
この子もミニチュア・シュナウザーで、今年で4歳になります。
華ちゃんは今のところ健康優良児で、おデブちゃんなところが少し問題ですが、
大きな病気はせず、元気に過ごしてくれています。

ラボちゃんと華ちゃんの仲はぼちぼちな感じで、食べ物を取り合う時は
本気で取っ組み合いのケンカになりますが、
食べ終わると、ふたりともケロッとしています。

最後は毎度おなじみのこの方。にまめちゃん。女の子。
この子は以前のブログでも紹介したように雨の日にいきなり家にいた元外猫さん。
今まで猫さんを飼ったことがないので、新鮮な気分です(*^^*)
なかなか育児は大変ですが猫らしいツンデレな態度に毎日メロメロ♡

学生時代は、絶対犬派!!シュナウザー命!!でしたが、
今では猫さんLOVE♡ぽっちゃり猫さん大歓迎♡♡な大橋です。
よく当院に来られるワンちゃん派の方も、騙されたと思って、猫を飼うことを検討してみてください。癒やされることうけ合いです!!

わんこ2匹、にゃんこ1匹と賑やかな大橋家です。
3人は仲良しです(*´∀`*)

では、以上で家族紹介は終わりです(^o^)
また近々登場いたしますのでよろしくお願い致します!!

動物看護師
大橋 真美