整形外科

当院では、獣医麻酔外科学会に所属しております。
ワンちゃんにとっての代表的な整形外科疾患を取り上げて行きたいと思います。

①骨折について

わんちゃんやネコさんの骨折の場合、人間のように安静にしておくことが動物行動学上非常に難しく、ギプスなどによる外固定だけでは骨接合部がずれ、骨が変形して固まったり、一生涯癒合しない場合もあります。より的確な手術を行うことによって、そういったことを防いでいきます。
当院では、最先端のテクノロジーである、ロッキングプレートやロッキングスクリューを用いて、骨折治療を行っています。詳しくは、ブログなどで紹介しています。

②膝蓋骨脱臼

犬の膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨(ひざのお皿)が、大腿骨の正面から内側または外側に脱臼してしまう状態の病気のことをいいます。進行の程度により様々な症状が見られます。初期は無症状でも、症状が進行すると足を上げて歩くことが多くなります。犬種としては、ヨークシャテリア・トイプードル・チワワなどのトイ犬種に多く、症状が重い子は生後まもなくから症状がみられることもあります。

当院では、滑車溝造溝術、ラテラルスーチャー、関節包解放、脛骨粗面転移術などを組み合わせて、手術を実施しています。

このような場合は早期に手術をしてあげることが重要で、成長期に手術をすることにより、骨格の変形など軽減できる可能性がありますので、詳しくは獣医師にご相談下さい。

③前十字靭帯断裂

ワンちゃんでの前十字靭帯は膝を形作っている非常に大切な靭帯の一つです。しかし、激しく膝を捻ったり、膝を伸ばすような方向で非常に強い力がかかることによって損傷することがあり、部分断裂や完全断裂をすることがあります。多くの場合は、交通事故などで外から急激な圧力などの強い力でなることが多ですが、中には、日常の中で部分断裂をおこし、ちょっとした衝撃で完全断裂に結びつくような場合もあります。

当院では、最先端の手術法である、TPLOを用いて、前十字靭帯を治療ます。この方法は世界的に有名な獣医外科の先駆者によって考案されたものです。 前十字靭帯には脛骨の前方への転移と内旋を抑える働きがあり、この手術法では膝関節の安定を得るために膝関節の力学的構造を変化させます。また、トラディッショナルな方法である、ラテラルスーチャーも実施しています。

前十時靭帯が断裂した場合、その足に体重をかけることができず、足先をつけるだけか挙上したままの状態になります。この時、非常に高い確率で半月板損傷も併発しています。 前十字靱帯断裂の外科的治療には様々な手技がありますが、詳しくは獣医師にご相談ください。

年中無休
診療日
日祝
午前
午後
診療時間
午前 9時~12時
午後 月~土 16時30~20時
日・祝 14時~17時
夜間救急 20時~24時
※月〜土の最終受付は19時30までとなります。
12:00〜16:30は手術・往診対応となっております。
採用情報 トリミングサロン ひまわり ペットホテル ゆらり 院長ブログ ドクターブログ 看護師ブログ スタッフブログ トリミングサロン用ブログ よくある質問 お問い合わせ スタッフ紹介 アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」 動物病院口コミ検索Calooペット