シャンプー療法

当院シャンプー療法科では、ワンちゃんの薬を使わない皮膚病へのアプローチの1つとして、シャンプー療法を実施しております。
特にペット用のシャンプーには、「美容用シャンプー」と「薬用シャンプー」があり、
主に、汚れを落とす、被毛の艶を出す、匂いをつける、など被毛を美しくする効果を期待して使用する美容シャンプーではなく、

皮膚病の改善を目的とした薬用シャンプーを用いて、治療してまいります。
薬用シャンプーは特に、皮膚病の改善を目的として作られたシャンプーになるので、被毛よりも皮膚に対して作用します。薬用シャンプーは非常に多くの種類があり、また、その中に含まれる成分によって、全く期待される効果が異なりますので、そのワンちゃんの皮膚症状や原因に合った薬用シャンプーを選択する必要があります。

非常に多くの種類がある薬用シャンプーには大きく分けて4つの種類があります。
①保湿性シャンプー  :保湿をし、皮膚の総合的な抵抗力を強化します
②角質溶解性シャンプー:フケや脂を減らし、ベタつきを防ぎます
③止痒性シャンプー  :かゆみを直接減らします
④抗菌性シャンプー  :痒みや匂いの原因となる細菌やマラセチアの増殖を抑えます

薬用シャンプーは長期間使用しても、副作用の危険が少なく自宅でも可能な治療法です。
薬用シャンプーの一般的な使用頻度は週2回程度です。場合によっては2〜3日に1回でご指導させていただく場合もございます。なお、改善がみられた後は、使用回数を減らしたり、他のシャンプーに切り替えたりする事があります。詳しくは獣医師にご相談ください。

また、当院では、トリミングサロン「ひまわり」を併設しております。皮膚病の持病がある子には、獣医師の指導・管理のもと、トリマーに薬用シャンプーを用い、シャンプーやカットをさせていただくことも可能です。詳しくは獣医師もしくは担当のトリマーにご相談下さい。

年中無休
診療日
日祝
午前
午後
診療時間
午前 午後
9:00~12:00 月~土 16:00~20:00
日・祝 14:00~17:00
12:00〜16:00は手術・往診対応となっております。
採用情報 トリミングサロン ひまわり ペットホテル ゆらり 院長ブログ ドクターブログ 看護師ブログ スタッフブログ トリミングサロン用ブログ よくある質問 お問い合わせ スタッフ紹介 アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」