泌尿器科

当院では、「ネコさんの腎不全」に対して、真摯に向き合ってまいります。8歳以上のネコさんにとって、長生きしてもらう秘訣は、腎臓病の早期発見です。「最近ちょっと水飲む量が多い・おっしっこの量が多い」「食欲がこころなしか落ちている」などの症状は初期の腎臓病である可能性があります。一般的に数ヶ月から数年かけて徐々に進行していくことが多いので、特に初期の場合には、症状がわかりにくく、詳しい尿検査や、最新鋭の画像診断を用いなければ、見つけられない腎臓病もあります。尿検査や超音波検査などは、ネコさんにほとんど負担をかけることなく検査をすることができますので、お気軽にご相談下さい。

万が一、腎臓病が早期に見つかった場合でも、適切なフードの管理による食事療法や腎臓を保護する内服薬・病院内でできる点滴(皮下補液)などで治療してまいります。1度悪くなった腎臓を元通りすることは困難ではあることが多いですが、その子の寿命を限りなく全うさせることができるくらいの治療を行うことができます。

ネコさんの腎臓病以外にも多くの泌尿器疾患があります。
一般的な症状は、尿が赤い、トイレが長い、何度もトイレに行くがおしっこがでにくい、などの症状は膀胱や尿道の病気である可能性が非常に高いです。

肥満のワンちゃん・ネコさんに多くみられる「尿石症」は、上記の症状が急性にでる場合が多いです。尿に血が混ざったり、排尿時に痛がるようなそぶりを見せた場合は、すぐに来院する事をお勧めします。特にオスのネコさんに多い、尿道の途中に尿石がつまり、おしっこがほとんど出なくなる「尿閉」の場合、発見が遅れると命の危険があることもございますので、すぐにご来院下さい。
現在では、尿石予防のフードが各メーカーから各種発売されております。予防効果が報告されている病院専門食もありますので、お気軽にご相談下さい。

年中無休
診療日
日祝
午前
午後
診療時間
午前 9時~12時
午後 月~土 16時30~20時
日・祝 14時~17時
夜間救急 20時~24時
※月〜土の最終受付は19時30までとなります。
12:00〜16:30は手術・往診対応となっております。
採用情報 トリミングサロン ひまわり ペットホテル ゆらり 院長ブログ ドクターブログ 看護師ブログ スタッフブログ トリミングサロン用ブログ よくある質問 お問い合わせ スタッフ紹介 アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」 動物病院口コミ検索Calooペット